スプリットクレストとは?

骨の幅が足りない際の治療法

スプリットクレスト

インプラントを埋め込むためには、最低5mm程度の骨の幅が必要です。そのため、歯周病や歯の喪失が原因で骨が必要な量よりもやせてしまっている場合には、インプラントを埋め込むことが難しくなります。
そのような場合、骨を増やす治療を行いますが、水平的な骨の幅が不足している際の治療法として、スプリットクレストがあります。

【治療法】
骨の頂上部にクサビのような形の特殊な器具を挿入し、二分割して骨を広げ、その隙間にインプラントを埋め込む方法です。インプラントと骨とのスペースには、骨補填剤(患者様自身の骨や人工骨)で満たし、骨を再生させます。

【メリット】
  • インプラント本体が患者様自身の骨に囲まれるため、安定し易い
  • 外科的侵襲が他の骨を増やす治療よりも少ない

【注意点】
  • 骨の中に骨髄(血液を作るゼリー状の組織)が存在することが必要
  • 3mm程度は骨の幅があることが望ましい
  • 骨質が硬すぎる場合は、治療が難しい

治療の流れ

STEP1 骨幅が足りない状態

骨がやせてしまっているために幅が狭く、インプラントを埋め込むことが難しい状態です。
(※スプリットクレストを行う際には、3mm程度の骨の幅が必要です。)

STEP2 骨を二分割させる

歯茎を剥離し、特殊な器具で骨に切り込みを入れます。
骨を完全には割らないよう、細いノミを入れ、二分割させます。

STEP3 幅を広げる

徐々にノミを大きくして幅を広げていき、インプラントを入れることができる幅まで広げます。

STEP4 穴を形成する

骨の幅が広がったら、ドリルでインプラントを埋め込むための穴を形成します。

STEP5 インプラントを入れる

形成した穴に、インプラントを埋め込みます。

STEP6 骨補填材で満たす

インプラントと骨との間のスペースを、骨補填材で満たし、歯茎を縫合して終了です。
およそ3〜4ヶ月で広げた骨が固まり、咬む力に耐えられる状態になります。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材