患者様に優しいインプラント治療 ― ノーベルガイドを用いて

ノーベルガイドを使用した治療とは?

ノーベルガイドとは

ノーベルガイドNobelGuide(TM)は、CTで撮影した口腔内の画像からコンピューターの画面上で手術のシミュレーションをし、インプラントの埋入が正確に行われるように誘導するシステムです。
ノーベルガイドNobelGuide(TM)を使用することで、インプラントの治療計画から埋め入れまでの一連の歯科インプラント治療をより安全で正確に行うことができます。
患者様のCT画像データをもとに非常に精度の高いサージカルテンプレート(インプラントを正確に埋め入れるためのドリルのガイド)を作成し、より安全性に優れたインプラント埋め入れを可能にします。このサージカルテンプレートとノーベルガイド専用外科キットを使用して患者様にとても優しいフラップレス術式(メスで切開しない)を可能にし、患者様への負担をかなり軽減します。また、術前に被せ物を作製することができるため、インプラントを埋め入れた日に固定式の歯を手に入れることができます。
STEP1 お口の型を採る
サージカルテンプレートを作製するため、患者様のお口の型を採らせていただきます。
STEP2 ラジオグラフィックガイドを作製・CT撮影

▲ ラジオグラフィックガイド

お口の型を基にラジオグラフィックガイドを作製します。

ラジオグラフィックガイドとは?

最終的な歯の位置・形態を表示したプラスチック製のマウスピースのことで、CTを撮るために作製します。
このラジオグラフィックガイドをお口に入れて、CT撮影をします。

STEP3 コンピューターによる治療計画
▲ サージカルテンプレート

CTのデータをもとに、コンピューターの3D画像でインプラントの埋め入れをシミュレーションし、精密な計画を立てます。この情報をノーベルバイオケア社へ送り、サージカルテンプレートを作製します。

STEP4 仮歯を作製
サージカルテンプレートを利用して、模型上で仮歯を作製します。
STEP5 インプラント埋め入れ手術

サージカルテンプレートを口腔内に装着し、設計したところに正確にインプラントを埋め入れていきます。
メスで切開したり、骨の形状を見るために粘膜を剥離(骨と歯茎を引き裂く)する必要がありません。そのため、術後の痛みや腫れはほとんどありません。

STEP6 仮歯の装着

インプラント埋め入れ後、仮歯を装着したところです。サージカルテンプレートを使用して、手術前に仮歯を作成することができますので、インプラントを埋入した日に新しく機能する固定式の歯を手に入れることができます。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材