症例写真を見るときのチェックポイント

歯科医院のホームページや歯科医院内の掲示物などに、インプラントの症例写真(治療例)を載せていることがありますが、その治療がいいものかどうか判断に困ることがありませんか。ここでは症例写真を見るチェックポイントをご紹介します。

治療の経過がわかる写真があるか確認する

下記の写真があるかどうか確認しましょう。

  • 治療を始める前の写真
  • 治療中、または治療直後の写真
  • 治療後2〜3年以上経過した写真
症例写真

経過を追って見られることで、治療の出来映えをしっかりと確認することができるでしょう。また、治療後2〜3年以上経過した写真があるということは、治療を受けられた患者様が通い続けていることがわかりますので、トラブルが少ないという一つの目安になるでしょう。

担当医の症例写真を見せてもらう

担当医の症例写真

インプラント治療は、治療する部位や、患者様のお口やお身体の状態によって、治療の難易度が異なります。さまざまな部位の症例写真があれば、治療経験が多いことがわかります。担当医が治療をした症例写真を見せてもらいましょう。他の先生が治療した症例写真や、企業配布用のパンフレットなどで説明する場合は、治療経験が少ないことも考えられます。なお、治療技術は治療経験に必ず比例するとはいえませんので、一つの目安として考えましょう。

自分のお口の状態に近い症例写真を探す

自分のお口の状態に近い症例写真は、治療後をイメージしやすくいだけではなく、過去に治療経験があるという安心材料になるでしょう。掲示していない場合もありますので、歯科医師に尋ねてみましょう。

治療後の歯の大きさ、形、色を確認する

左右の歯と比べて、被せ物(人工歯)の歯の大きさ、形、色の調和がとれているか確認しましょう。治療をした歯だけが目立つ場合は、歯科医師、技工士、患者様との連携がとれていないことも考えられます。

症例写真

治療後の歯茎のラインを確認する

「歯と歯茎の境目のライン」を見て、不自然でないかどうか確認しましょう。特に、前歯の治療で歯茎のラインが揃っていなければ、きれいな歯並びに見えないことがあります。このような場合は、骨や歯茎の移植で改善できる場合もあります。しかし、患者様の中には、積極的な外科治療を希望せず、噛む機能とおおよその見た目が補えればいいと申し出る方もいらっしゃいますので、気になる写真があればその経緯を確認してみましょう。

症例写真

症例写真はあくまでも参考でしかありませんので、自分自身が治療を受ける場合にはどのようになるか、また考えられるリスクなどを必ず確認するようにしましょう。治療を始める前に確認しておくことで、治療結果に満足できないことや、不満や不信をもつことが少なくなるでしょう。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材