大阪インプラントセンター

忙しい方・人前で話す仕事の方の症例

初診時の口腔内写真

患者プロフィール 40代女性。
上顎前歯から右奥にかけて欠損。入れ歯を使用。
治療に対する要望 公共機関で受付の仕事をしているので、人と話すことが多く、歯がない期間があると困る。また、かわりの人がいないので、インプラント治療のために仕事を休むことができない。
初診時の状態 残っている数本の歯がすべてぐらぐらしており、抜歯の必要があると診断。

手術当日


手術後の口腔内

手術前
あらかじめ作っておいた仮歯を確認し、口腔内清掃後、オペ室内で残っているすべての歯を抜歯。
手術
ぐらぐらしていた歯の抜歯をした後、インプラント13本を埋入。静脈内沈静法を受けているので、抜歯、及びインプラント埋入の間ほとんど意識はなく、術後の痛みも軽減されます。手術翌日から通常通りの生活ができ、普通にお話ができます。

手術当日から使える仮歯




手術後〜2週間 すぐに歯が必要という方のために、手術当日から仮歯を入れることが可能です。
写真の症例の場合、インプラント埋入後、13本すべてに良好な初期固定が見られました。その中でも特に状態の良い5本を利用して仮歯が入っています。
術後すぐに歯が入るので、インプラント治療をしたことを人に気づかれる心配はありません。
2週間〜7ヶ月 インプラントが骨と結合するまでの間は仮歯を入れます。
手術当日から仮歯を入れる場合は、二つ目の仮歯になります。抜糸が済んでいるので、違和感はだいぶ軽減されます。
7ヶ月後〜 インプラントが骨と結合されたら、埋入した13本のインプラントを土台として審美的なセラミックの白い歯が入ります。

インプラント・ドクターのインプラント

資料をご提供いただいた大阪インプラントセンター岡田先生の口腔内です。
岡田先生も今から10年前(1995年)に右下奥歯二本をインプラント治療されました。
硬いものほど、インプラントの歯で噛んでいて、普段はインプラント治療をしたことさえ忘れているそうです!

タグ:
入れ歯仮歯症例抜歯抜歯即時

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材