CT診断を使用したインプラント治療例

CT診断を使用したインプラント治療例(二回法インプラントの治療)
(患者さんの承諾を得て掲載しています)

まずは、診断(パノラマレントゲンおよびCT診断)から一次手術

一次手術・・・インプラント埋入手術のことで歯が無くなった所の骨に少しドリルで穴をほり、インプラントを埋める手術です。
1 通常行われる診断(パノラマレントゲンの診断)
赤丸実際に当院で今回、インプラントを埋め込みした部位。

赤丸の下のマジックで書いたループ線は傷つけてはいけない下歯槽神経です。

赤丸の上の玉(実長5ミリ)レントゲンの拡大率を判断して神経までの実際の長さを診断します。
レントゲン

2 手術の際のCT診断
(CTを利用した画像診断にてインプラント埋入手術のシミュレーション)
3次元的な骨形態の把握神経までの詳細な距離骨の密度も分かります。
安全かつ確実な診断の為には、CT画像診断が必要となります。

パノラミック(パノラマ)像 水平的断面像
パノラミック(パノラマ)像 水平的断面像
頬舌的断面像
頬舌的断面像
上のCT画像の黄色線神経の最も高い位置を示します。

3 安全に一次手術(インプラント埋入手術)が完了です。この後、赤丸部のインプラント(今回は直径4ミリ、長さ9ミリ)の上にかぶせをいれていく治療を行っていきます。

レントゲン 1本位では手術後の痛みは簡単な抜歯程度手術中は麻酔も効いていますし1本位でしたら30分前後で終わります。この後、骨とインプラントが結合後に二次手術(ほんの少しだけ歯ぐきを切って頭出し)をして歯ぐきが治った後に、かぶせの型をとり、かぶせを入れます。

二次手術(インプラントの頭出し)-インプラントと骨が結合した後

(1) 二次手術前(一次手術後、良好に粘膜「歯ぐき」が治癒している) (2) 二次手術切開時、術中(インプラント周囲の骨も良好に維持されている)
ヒーリングアバットメント ヒーリングアバットメント
(3) 二次手術完了直後
(カバースクリューを取り外して
ヒーリングアバットメントを装着し縫合
)
(確認) レントゲンにて
インプラントとの適合も確認
歯ぐきを少しだけ切って頭出しをして、ヒーリングアバットメント(仮のアバットメント)をつけました。

ヒーリングアバットメントは歯ぐきに穴が開いた状態を保ちながら歯ぐきを治癒させ、その後の最終アバットメント(インプラントの土台)を取り付けられる様にする為のものです。

最終アバットメント装着(インプラントの土台の装着)

最終アバットメント装着 二次手術後、歯ぐきが治った後にヒーリングアバットメントをはずして、最終的なアバットメント(インプラントの土台)をインプラントに装着し、仮歯を作っていきます。

最終アバットメント装着時にレントゲンにてインプラントとの適合を確認しました。

粘膜調整(より審美的なかぶせが入るように歯ぐきを整える。)

粘膜調整前

仮歯で天然歯に近い歯(かぶせ)になるように粘膜(歯ぐき)を作っていきます。もちろん、かみ合わせも調整します。
粘膜調整後
粘膜調整後 仮歯で最終アバットメントのまわりのへこみを作ることによって天然歯に近いかぶせ を入れられるようになりました。
この後、印象(型とり)です。

印象(型とり)から最終的なかぶせ装着まで

1..インプラントは、もちろんのことより精密さが要求されるかぶせを作るときはこの3M社のインプリントIIというシリコーン印象材を用いてより精度の高い型とりをします。 印象材
最終アバットメントのレプリカ 2.印象(型取り)後に模型を作りました。この最終アバットメントのレプリカ(複製)の上にかぶせをつくります。

3.模型でインプラントのかぶせ作製完了

インプラントのかぶせ
適合確認

4.口腔内にかぶせを入れ適合を確認。OKでしたので、この後セメントで口腔内にセットしました。

 

5.治療前と治療後の口腔内

 
治療前の口腔内 治療前の口腔内
 
治療前の口腔内 治療後(かぶせを入れた後)
真ん中のインプラントとその両隣の歯全てセラミックのメタルボンドクラウンで治療しました。
   
治療後の側方面観 治療後の咬合面観
治療後の側方面観 治療後の咬合面観
資料提供
岡田歯科医院
副院長:岡田 武久先生
>> 医院紹介ページへ