中間歯や奥歯を失くした場合の症例

部分的な欠損と様々な治療法

1本や2本だけ歯を失ってしまった場合でも、その治療法は患者様のお口の状態によって、多様な治療法があります。
CASE1 左下の中間歯を先天的に欠損している場合

先天的に5番目の歯の永久歯がなく、乳歯がずっと残っていた状態でした。
それを、やむなく抜歯することとなり、そこにブリッジで治療するかインプラントを埋め入れるかという選択になりました。
患者様は、ブリッジだと両隣の健康な歯まで削らなくてはならないということは避けたいと、インプラント治療を希望されました。

治療前
治 療 前
治療後
治 療 後
先天的に永久歯が生えず
乳歯が残った状態。
やむをえない理由で抜歯しました。
両隣の歯を削ることなく
人工の歯が入りました。
見た目も自然な仕上がりです。

CASE2 奥歯2本欠損したが、埋入スペースが狭い場合

右下の6番目と7番目の歯の2本が欠損しており、さらに8番目(一番奥)の歯が、抜けた方へ傾きながら移動していました。そのため、通常のインプラントを2本入れるにはスペースが狭いという状態です。
そこで、小さいインプラントを2本入れるか、大きいインプラントを1本入れて多少のスペースは容認するか、はたまた8番目の歯を、矯正治療で手前側に移動させてインプラントは1本にするかを、患者様と相談させていただいたケースです。


治療前
治 療 前
治療後
治 療 後
数本の歯が欠損し、
さらに奥の歯が抜けた方へ
傾き移動している状態です。
このケースでは、抜けた箇所へ
大きめのインプラントを
1本埋め入れる処置を行いました。


このように、治療法には様々な選択肢がございます。
カウンセリングにて十分なご説明とご相談をした上で、それぞれの患者様に最適な治療法をご提案することを大切にしています。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材