インプラント治療で綺麗な歯を

インプラント治療で綺麗な歯を

インプラントとは外傷虫歯や歯周病等で失った歯の部分の骨内に
チタン合金製の土台を埋入し、 その上に人工歯をつけて咬合の回復を計る治療法です。
ここでは、左上の失った歯をインプラント治療によって綺麗に治療していく過程を症例写真を用いてご紹介します。
下記は、インプラントを埋め入れた後の治療の流れです。
治療期間:約3ヶ月
STEP1 二次オペ後、数ヶ月経過
インプラント体のねじ山を歯肉の上に出す処置を二次オペといいます。
歯肉を縫合して処置後、数か月が経過しました。歯肉が、きれいに安定しています。
STEP2 アバットメントをセット
インプラント体と人工の歯を連結する部分「アバットメント」を、埋め入れたインプラントに取り付けます。
STEP3 補綴物調整
歯科技工所で作った補綴物(インプラントの被せ物・歯の部分)を、咬み合わせなどを考慮しつつ、 より精密に微調整していきます。
STEP4 補綴物をセット
完成!失った歯の部分がインプラント治療できれいに生まれ変わりました。
※治療結果には、患者様によって個人差があります。

タグ:
症例

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材