ほとんど噛めない状態から改善したインプラント症例

重度の歯周病の患者様のインプラント治療

歯周病も重度のものになると、歯を支えている顎の骨が歯の根の辺りまで溶けてしまいます。
そのため、歯を支えられない状態になり、しっかりと噛むことができなくなります。
ここでは、重度の歯周病の患者様がインプラント治療を受けたケースをご紹介します。
STEP1 来院時

右の写真は、来院時の口腔内写真です。
こちらの患者様は、歯がぐらついてほとんど噛めないということでした。
全体的に歯茎が腫れており、歯を磨くと血と膿が出て口臭もする状態です。
また、噛み合わせも大きく崩れています。

STEP2 診断

重度の歯周病により、歯を支える骨がほとんど溶けています。そのために、歯がグラグラになり咬み合わせも大きく崩れている状態です。
いくつかの歯は抜かずに数年持たせることは可能ですが、10年後には他の歯と同じようにぐらついたり、他のインプラントに悪影響を及ぼす可能性があるため、すべての歯をインプラントで治療することを提案しました。

STEP3 抜歯後、インプラント治療を行う

まずは、将来的に保存の見込みのない全ての歯を抜歯します。
その後、上下とも9本ずつインプラントを埋め入れました。


STEP4 仮歯を装着

手術から7ヶ月後、仮歯を装着した状態です。
歯茎の腫れも治まってきました。
歯茎の状態は年々変化していきますので仮歯は数回作り変え、経過を観察後、最終的な固定的ブリッジ(連結した人工歯)が入ります。

Before & After 

治 療 前

治 療 後
治療前のレントゲン写真です。
歯根の先まで顎の骨が溶けているため、歯がグラグラの状態です。
治療後のレントゲン写真です。計18本のインプラントを適切な位置に埋め入れることで、噛み合わせを改善させました。
※治療結果は、患者様によって個人差があります。
資料提供
吉本歯科医院
院長 : 吉本 彰夫
>> 医院紹介ページへ

タグ:
歯周病無歯顎症例

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材