前歯3本の被せ物からインプラントにした症例

前歯3本の被せ物から抜歯即時埋入でインプラントにした症例

CASE 前歯3本に被せ物をしていたが、歯根が割れて使えなくなった
術前のレントゲン写真
▲ 術前のレントゲン写真
この患者様は、前歯3本に被せ物をしていましたが、歯根が割れたため治療に来られました。

事前診断の結果、歯根の先に大きな膿の袋が出来てしまっていましたので、残念ですがこの3本は抜歯することになりました。

抜歯後の治療方法として、以下3つの提案をさせて頂きましたところ、(3)を選択されましたので、インプラントによる治療を行いました。

(1) 【ブリッジ】虫歯になっていない、綺麗な状態の残りの前歯を削ってブリッジにする方法
(2) 【入れ歯】残りの前歯にバネをかけて入れ歯にする方法。
(3) 【インプラント】インプラントを2本入れ綺麗な前歯を温存する方法
 data-mce-src=
STEP1 1次オペ [抜歯→インプラント埋入(埋め込み)→仮歯装着]
インプラント埋入後のX線写真
▲ インプラント埋入後のX線写真
駄目になってしまった3本の前歯を抜き、その直後、歯を抜いた穴にインプラントを埋め込みます。
これは抜歯即時埋入と呼ばれる治療法で、抜歯とインプラントを同日に行います。外科的な治療が一回で済むため、患者様の身体の負担が軽減できるのが特徴です。
その日のうちに仮歯も被せます。
 data-mce-src=
STEP2 2次オペ [アバットメント(連結部分)の装着→人工歯の装着]
  • インプラントと骨の結合を確認する
    インプラントと骨の結合を確認する
  •  data-mce-src=
  • アバットメントを装着する
    アバットメントを装着する

インプラントの埋入後、インプラントと骨がしっかりと結合するのを待ち、インプラントと骨がしっかりと結合したことを確認します。結合していることが確認できれば、2次オペとして、インプラントと最終の被せ物である人工歯を連結させるカスタムアバットメントの装着を行います。

 data-mce-src=
STEP3 人工歯(上部構造)の装着
  • 治療前(ブリッジ)
    ▲ 治療前(被せ物)
  •  data-mce-src=
  • 治療後(インプラント)
    ▲ 治療後(インプラント)

最後にセラミック製の人工歯を被せました。まわりの歯と綺麗になじんで自然に見えます。

※ 治療結果は、患者様によって個人差があります。

川崎歯科医院 葛飾インプラントセンターK'dic 院長 : 川崎 智之
資料提供
川崎歯科医院 葛飾インプラントセンターK'dic 
院長 : 川崎 智之


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材