インプラントによる審美歯科

インプラントは周囲の歯を使用せず最も自分の歯に近い構造ですので、見た目にも優れた治療法です。
加えて審美歯科治療は傷んだ歯だけを治すだけでなく、歯・歯肉全体・口元全体をトータルに診てバランスを考えてより美しく治療するのが特徴です。
そのため、審美歯科を取り入れたインプラント治療は、骨の吸収が大きい場合を除いては、自分の歯と区別できないほどの審美性を取り戻すことができます。
CASE1

治 療 前

治 療 後
奥歯が2本抜けたままです。 インプラントでしっかり根付いたきれいな
新しい歯を取り戻す事ができます。

CASE2

治 療 前

治 療 後
トップダーントリートメント すなわち最終的な出来上がりを想定して治療を進めることによりこのような審美的な治療ができます。
(インプラントを用いる事により、両隣の歯を削らずに修復することができます。)

CASE3

治 療 前

治 療 後
両側の歯が抜けてうまく食事ができません。 インプラントにより見た目も自然で、まるで自分の歯のようにおいしく食事ができます。

CASE4

治 療 前

治 療 後
多数の歯が抜けてしまっています。 インプラントとセラミックを用いてこのようにきれいに新しい歯を取り戻すことができます。

CASE5

治 療 前

治 療 後
このように大変わるくなってしまった方でも インプラント治療でこのよう
に見違えるように改善できます。

審美歯科においては口元の美しさの基準であるエステティックライン・スマイルライン・ガムライン・ゴールデンプロポーションを考慮にいれると共に、単に見た目だけを良くするのではなく、形態美・色彩美、そして機能美をも追求します。
CASE6
「審美歯科治療」は、丈夫で美しいセラミック治療だけでなくホワイトニングや矯正治療を組み合わせたり、留め金を必要としない磁石による入れ歯を用いるなど統合的に美しい歯を取り戻します。そして、インプラントを用いた審美歯科で、形態美・色彩美・機能美を兼ね備えた治療をすることができます。
初診時
歯・歯肉・口唇全体のバランスを整えるため、まず、矯正治療をおこないます。
バランスが整ったところでインプラント治療をおこないます。
セラミッククラウンを装着したところ

笑顔に自信はありますか?
笑顔のポイントは口元にあります。話す時、笑う時、食事をする時、口元の美しさで人に与える印象はずいぶん変わります。 インプラントによる審美歯科で是非美しい口元を手に入れて下さい。
資料提供
田中歯科医院
院長 : 田中 譲治先生
>> 医院紹介ページへ