ショートインプラントの症例

ショートインプラントとは ?

骨量が不足しているために骨移植や骨造成が必要とされる場合に、グラフトレス術式と呼ばれる骨移植や骨造成をせずに行う手術の際に用いられる、短いインプラントのことです。
2004年のEAO (European Association for Osseointegration) において、骨内埋入8mm以下のインプラントのことをショートインプラントと定義されました。
術前写真

術前のパノラマX線像

上顎左側大臼歯部の骨量が不足しているため10mm以上のインプラントを埋入するためにはサイナスリフトなどの骨造成が必要と思われます。

治療計画1
治療計画1

治療計画

術前にCT撮影を行い、画像診断ソフト・ノーベルガイドで3次元的にシミュレーションすることにより、存在している骨を最大限に活用してショートインプラントによるインプラント治療が可能であることが解かります。

術後写真

術後のパノラマX線像

このようにショートインプラントを使用することで骨造成を行うことなく通常のインプラント治療と同様に治療が可能になります。

術後レントゲン
▲術後レントゲン

最終上部構造装着時

約3カ月後に仮歯を装着して、1?2ヶ月間過ごしていただきます。

術後口腔内
▲術後口腔内

その後、最終的な上部構造を装着した時のレントゲン写真と口腔内の写真です。

上顎洞を少し持ち上げるような形でしっかりとインテグレーション(骨結合)しているのがわかります。


タグ:

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材