歯周病で失った歯を入れ歯とインプラントで回復した例

歯周病で抜歯 → インプラントで回復するまでの流れ

Case 重度の歯周病で上あご3本以外は抜歯が必要
治療前の状態(重度の歯周病)
▲ 治療前の状態(重度の歯周病)

「歯を磨くだけで気持ち悪くなってしまう」というお悩みをお持ちの患者様。歯周病がかなり進行していました。


上あごに残せる歯が3本ありましたが、それ以外の歯は全て抜歯することになりました。
上あごは、残った3本の歯で入れ歯を固定し、下あごは6本のインプラントで治療する計画を立てました。

STEP1 抜歯&仮の入れ歯の装着
仮の入れ歯を装着
▲ 仮の入れ歯を装着

残せる3本以外の歯を全て抜歯します。


その後、抜歯した際にできた骨の穴が治癒するのを、約半年ほど待ちます。この期間中は仮の入れ歯を装着します。

STEP2 CT撮影&インプラントを埋め込むシミュレーション
手術のシミュレーション
▲ 手術のシミュレーション

CTであごの骨の状態を撮影し、そのデータを元にインプラントを埋め込む深さや角度などをコンピュータ上でシミュレーションします。


下あごに、6本のインプラントを平行に埋め込み、噛む機能を回復させる治療計画を立てました。

STEP3 インプラント用ドリルガイドを作成
インプラント用ドリルガイド
▲ インプラント用ドリルガイド

より的確に手術を行うため、シミュレーションのデータ を元に、インプラント用のドリルガイド(マウスピース型のテンプレート:右の写真)を作成します。


このガイドを用いることで、治療計画通りにインプラントをあごの骨に埋め込むことができます。

STEP4 ドリルガイドを用いてインプラントを埋め込む
ドリルガイドを装着した状態
▲ ドリルガイドを装着した状態

ドリル用ガイドを下あごに装着し、ガイドの穴に沿ってインプラントを6本埋め込みます。


短時間でシミュレーション通りに正確に入れることができました。

STEP5 インプラントと骨とが結合するのを待つ
6本のインプラントを埋め入れました
▲ 6本のインプラントを埋め入れました

インプラントの手術後は、あごの骨とインプラントがしっかりと結合するまで数ヶ月待ちます。
その間は、仮の入れ歯を使用します。

STEP6 人工の歯の土台(アバットメント)を取り付ける
アバットメントを付けた状態
▲ アバットメントを付けた状態

仮の入れ歯は、より良く噛めるように随時調整をします。
インプラント手術の3ヶ月後には、最終的に装着する入れ歯と人工の歯の作製を開始します。
5ヶ月後、あごの骨とインプラントとが問題なく結合したので、人工の歯を装着するための土台(アバットメント)をインプラントに取り付けます。

STEP7 人工の歯を装着する
治療後のお口の状態
▲ 治療後のお口の状態

最後に、アバットメントに人工の歯を装着します。また、上あごの入れ歯も、調整した最終的なものを装着します。

上あごが入れ歯でも、下あごがしっかりと固定された歯になることで、噛む機能を回復することができました。多くの歯を失った患者様でしたが、6本のインプラントで治療したため、費用も抑えることができました。

こちらは、2004年に治療された症例です。
当時は、「CTの画像データを元にPC上でシミュレーションを行い、そのシミュレーションに沿ったドリルガイドを作製してインプラント治療をする」という方法はほとんど行われておりませんでした。さきがけとなったこの症例の患者様は、6年以上経った今でも、しっかりと噛んで食事することができ、お口の健康も良好な状態を保っています。(2011年2月現在)

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

タグ: