抜歯と同時にインプラントを入れて綺麗に治療した症例

破折した前歯を抜歯すると同時にインプラントを入れて治療

前歯が折れていました
▲ 前歯が折れていました
Case 前歯が根っこから折れてしまった

この患者様は、前歯が根っこから大きく折れてしまっていたため、抜歯をしなければなりませんでした。

抜歯後の治療は、折れた歯の両隣の歯は健康な歯であったため、隣の歯を削って治療するブリッジではなく、インプラント治療を選択されました。

STEP1 抜歯&インプラントの埋め込み&骨増生
インプラントを埋め込む
▲ インプラントを埋め込む

まずは、折れた歯を抜歯します。

抜歯した部分が膿んでいたり、周囲の骨が薄い場合は、すぐにインプラントを入れることはできません。この患者様の場合は、膿もなく、骨も十分な厚みがあったため、抜歯と同日にインプラントを埋め込みました。


また、抜歯をすると、生理的な現象として、必ずその周囲の骨と歯茎が退縮してしまうので、少しでもそれを防ぐために、骨増生(骨を増やす処置)も同時に行いました。この治療方法の利点は、最小限の外科の回数・侵襲によって審美的な結果が得られる事です。

骨と結合するまで待ちます
▲ 骨と結合するまで待ちます
STEP2 インプラントと骨が結合するまで待つ

インプラントと骨がしっかりと結合するまで、約半年ほど待ちます。
この期間中は、仮歯を装着します。

歯茎を移植した状態
▲ 歯茎を移植した状態
STEP3 歯茎を移植する

治療した部分の唇側の歯茎が少し退縮していたので、余っている歯茎を退縮した部分に移植します。

凹んでいた歯茎が、自然な形になりました。

土台を取り付ける
▲ 土台を取り付ける
STEP4 人工の歯の土台を取り付ける

次に、人工の歯をセットするための土台(アバットメント)を、インプラントに取り付けます。この土台は通常はチタン製ですが、白いジルコニア製のものを使用することで、歯茎に金属の色が透けて見えることもなく、より見た目の美しい歯を再現することができます。

人工の歯をセット
▲ 人工の歯をセット
STEP5 人工の歯をセット

土台を取りつけた後は、仮歯で歯茎の形態の調整を行ってから、最終的な人工の歯をセットします。
人工の歯は変色の少ないオールセラミックで作製し、自然で綺麗な歯に仕上がりました。オールセラミックは、他の材質より歯垢が付着しにくいため、衛生面においても有利です。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材