手術のその日に歯が入るAll-on-4(6)の症例

All-on-4とは?

All-on-4

All-on-4(オールオンフォー)は、総入れ歯をお使いの方や、多くの歯を失ってしまった方のための画期的な治療法です。
通常の治療の様に歯を失った数だけインプラントを埋め込むのではなく、必要最少本数である4本のインプラントをバランスよく骨に埋め込み、そこに日常生活に必要な12本の歯が連結した入れ歯の様な人工の歯を装着する方法です。
埋め込むインプラントの本数が少ないということは、「身体にかかる負担が少なくて済む」、「手術費用を抑えることができる」というメリットがあります。

また、最も大きな特長としては、インプラントを埋め込む手術のその日に仮歯を装着することができるという点があります。
通常の治療では、人工の歯が入るまで数ヶ月から数年掛かっていましたが、All-on-4では、骨の状態によりますが、手術当日に仮歯が入ることが可能となりました。(最終的な歯は3ヶ月から6ヵ月後に装着されます。仮歯の期間でもお食事にすることは可能です)

All-on-6もあります

日本人は欧米人と異なり、主食が穀物ですので奥歯のすりつぶし運動が大きく行われます。All-on-4は欧米人を基準とした治療法ですので、顎の状態やかみ合わせの状況から奥歯を延長したほうがよくかめる場合があります。
All-on-4のさらに後方に2本のインプラントを追加し、6本のインプラントで治療する方法をAll-on-6(オールオンシックス)ともいいます。

上の歯のAll-on-6の症例

治療前の状態
STEP1 治療前の状態

上の歯は、左右両方の歯を失っています。また、上の前歯6本は被せ物をしていますが、歯はボロボロの状態でした。

抜歯した状態
STEP2 抜歯

被せ物をしていた歯は、回復が見込めず、残していくことも困難であるため、抜歯となりました。

All-on-6

STEP3 All-on-6で治療

その後、インプラントを6本埋め込み、All-on-6で治療いたしました。
右の写真は、インプラントを埋め込んだその日に装着した仮歯の状態です。

最終的な歯を装着
STEP4 最終的な歯を装着

インプラントの手術から数か月後、最終的は補綴物を装着します。
歯の色や形だけでなく、歯茎の形状も自然な状態になりました。

BEFOR&AFTER

治 療 前

治 療 後
治療前のレントゲンです。 バランスよく6本のインプラントが埋め込まれ、12本の人工の歯をしっかりと支えています。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材