下の歯をワンピースインプラントで治療した症例

初診 55歳(女性)の症例

1年前に、歯周病が悪化したことにより左右の奥歯を抜歯し、その後、満足に噛めないという理由で来院された患者様の症例です。
治療前の口腔内写真
▲治療前の口腔内写真
 
治療前のレントゲン写真
▲治療前のレントゲン写真
インプラント治療では、手術に不安を持たれていました。あごの骨の検査結果によっては手術の回数の少ないワンピースインプラント(インプラント体とアバットメントが一体化しているインプラント)が使用できること、歯科麻酔医の立ち会いの下、静脈内鎮静法を用いることができることをお伝えしたところ、インプラント治療を選択されました。

治療計画を立てるための検査・診断

あごの骨の検査・診断

CT撮影をした画像から、埋め入れるあごの骨が十分にあるか、高さや幅などに問題がないか把握します。ワンピースインプラントを埋め入れるだけの十分な骨の厚みが確認できたので、患者様にワンピースインプラントを勧めることができました。

ワンピースインプラントを用いたため、埋め入れた後の日常生活でもう一方の失った箇所に負担を与えないため、片方ずつインプラントを埋め入れる計画を立てました。

インプラントを埋め入れる手術

手術後の口腔内写真
▲手術後の口腔内写真
 
手術後のレントゲン写真
▲手術後のレントゲン写真

初診から1か月後に左下にワンピースインプラントを埋め入れました。局所麻酔に静脈内鎮静法を併用して手術を行ったので、不安なく治療を受けられたとおっしゃっていました。2週間後に抜糸と洗浄を行います。

人工の歯を被せる

人工の歯を被せた口腔内写真
▲人工の歯を被せた口腔内写真

インプラントを埋め入れた手術の約2ヶ月後にCT検査を行い、あごの骨とインプラントが結合していることが確認できましたので、人工の歯を装着しました。これで左下の治療は完了です。この後、右下の治療も行いました。

※治療結果には、患者様によって個人差があります。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材