奥歯を1本失った場合の症例

Case1 上顎奥歯1本を治療した患者様のケース

Step1 歯肉に穴を開けます
フラップレス手術

上顎右奥歯のインプラント治療を望まれました。
右の写真は、インプラントを埋め入れるスペースを確保するため、歯肉パンチで必要最小限をくり抜いたところです。

Step2 インプラントを埋め入れます
フラップレス手術 フラップレス手術

適切な位置にインプラントが埋め入れられました。レントゲン写真からも分かるように、歯の根っこと同じようにしっかりと顎骨に埋め入れられたことが分かります。

Step3 人工の歯を被せて完了です
フラップレス手術

人工歯を被せて治療終了です。
美しく自然な見た目で違和感がありません。治療終了後は、定期的なメインテナンスを行います。

Point インプラントのこだわり
フラップレス手術

使用しているインプラントは、歯肉の下に埋まる部分も本物の歯の根っこを再現してあります。もし、数年後に歯肉が痩せてしまったとしても、インプラントだと気づかれないでしょう。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

Case2 下顎奥歯1本を治療した患者様のケース

Step1 フラップレス手術
フラップレス手術

こちらの患者様は顎の骨量が十分あるため、フラップレス手術を行いました。歯肉パンチで必要最小限の直径4mmの小さな穴を開けます。この方法ですと、歯肉を剥離しないため、麻酔も少量で済み、出血や痛みが少なく施術時間も約15分程度になります。患者様の身体への負担を抑えることができます。

Step2 インプラントを埋め入れる
フラップレス手術

直径4mmのインプラントを埋め入れます。

Step3 結合するまで待つ
3Dシミュレーションソフトによるインプラント埋め込みイメージ1   3Dシミュレーションソフトによるインプラント埋め込みイメージ2

インプラントに仮のフタをします。
埋め入れたインプラントと骨がしっかりと結合するまで、約2ヵ月半待ちます。

Step4 アバットメントを連結
インプラントが骨と結合

アバットメント(人工歯の支台となる部分)を、埋め入れたフィクスチャー(人工歯根)と連結します。

Step5 被せ物を取り付けて完成
アバットメントを連結

セラミックの被せ物を取り付けて完成です。
両隣の虫歯も治療して、より自然になりました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材