咬み合わせに影響が大きい奥歯を治療した症例

痛みや出血が少ないフラップレス手術の流れ

Point フラップレス手術とは?
フラップレス手術

通常、インプラント治療では歯肉を切開してから顎の骨にインプラントを埋め込みますが、インプラントを埋め込むための顎の骨が十分にある場合は、歯茎を切開しない「フラップレス手術」が可能です。
フラップレス手術では、精密な検査による術前シミュレーションを元に、歯茎に必要最小限の穴をあけインプラントを埋め込みます。出血や痛みが少なく、患者様の身体への負担を少なくすることができる施術方法です。

Step1 フラップレス手術でインプラントを埋め込む
インプラント挿入

この患者様は骨の量が十分にあったので、フラップレス手術を行いました。
手術前の検査から適切なインプラント体を選定し、骨の中に埋め込みます。

Step2 インプラントが骨と結合するまで待つ
インプラントが骨と結合

インプラントを埋め込んだ後は、埋め込み部分に蓋をして、骨としっかり結合するまで待ちます。
結合期間は個人差がありますが、3?6ヵ月ほど時間をおきます。

Step3 アバットメントを連結
アバットメントを連結

骨とインプラント体がしっかり結合したのを確認し、アバットメント(インプラントと人工歯を固定するための支台)を装着します。

Step4 人工歯を取り付けて完成
人工歯を取り付け

アバットメントを装着したインプラントに人工歯を取り付けます。
画像を見てもわかるように、他の歯と同じような自然な見た目となっています。また、今回しっかりと顎骨に固定されるインプラントを埋め込んだことにより、咬み合わせを安定させ、硬いものでも自分の歯と変わらず噛むことができるようになりました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材