チタン 記事一覧 (9記事)

インプラントと骨結合のメカニズム

健康な歯は、骨(歯槽骨)と歯根が結びついているため、通常は取れたり落ちたりしません。歯根は普段は、歯肉の中にあるため目に見えませんが、目に「歯」として見えている部分(歯冠)よりも、...

続きを読む ≫

チタンと骨の結合

なぜインプラントはチタンでできているの?▲スクリュー型インプラントインプラントの材料歯科用インプラントとは人工の歯根を骨の中へ埋め込み、その上へ歯を作る治療を指します。一世代前のイ...

続きを読む ≫

骨結合型インプラントの臨床実績

骨結合型インプラントとは?骨の中に金属などを埋め込むことを総称してインプラントと呼びます。材料として金、サファイア、鉄、ステンレス、アルミニウムなど多様な素材が使われてきましたが、...

続きを読む ≫

インプラントと骨はどのように結合しているのか?

インプラントのはじまりスウェーデンの学者ペル・イングヴァール・ブローネマルク教授によって、純チタンと骨の組織がよく結合することが発見されました。ブローネマルク教授(1929-201...

続きを読む ≫

オッセオインテグレーション

酸化膜と骨との接触面には、ひとつだけではなく、いくつかの力が働いています。その力が生体の分子を酸化膜へと結合させ、骨結合へとつながっていきます。ちょっと難しいですが、それぞれの力を...

続きを読む ≫

インプラントと金属アレルギー

インプラント治療は、複数の部品を組み合わせて、見た目や噛む機能を回復させる治療法です。使用する部品は金属製品も含まれており、体質によっては治療を受けたことで金属アレルギーを引き起こ...

続きを読む ≫

インプラント治療で使用されるパーツ

インプラント治療は失った歯の機能や見た目を取り戻す治療法で、複数のパーツを使って治療を行います。ここでは、主に使われるパーツについて、インプラント治療で使用する順に、簡単にご紹介い...

続きを読む ≫

インプラントの歴史

失った歯の機能や見た目を取り戻す歯科インプラント。ここではその歴史についてご紹介します。歯科インプラントの始まり最初は貝殻から始まった!ヨーロッパでは紀元3世紀頃の人骨の上あごに鉄...

続きを読む ≫

様々な治療で使われるインプラント

インプラントとは、身体に埋め込む器具の総称をいいます。一般的には病気や怪我などによって臓器を喪失、または欠損した機能を回復するために用いられています。ここでは、歯科以外にどのような...

続きを読む ≫



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材