CTG ( Connective Tissue Graft )
- 歯肉が不足している際の治療法

CTG ( 結合組織移植術 ) とは?

インプラントを埋入する部分が、歯肉退縮 ( 歯肉が痩せて薄くなっている状態 ) や、抜歯後の歯槽提 ( 歯を抜いた後にできる土手のこと ) の陥没した部分がある場合に、上あごの口蓋 [ こうがい ] から結合組織のみを採取し、歯肉退縮を起こしている部分の上皮と骨膜との間に結合組織を移植し、歯肉を増やす方法です。

※結合組織とは、3層 ( 上皮組織、結合組織、骨膜 ) から構成されている歯茎の一組織です。

CTG ( 結合組織移植術 ) により、歯根面を覆う周囲の歯肉の厚みを増加させることができ、審美的に優れた被せ物を入れることが出来ます。さらに、歯磨きがしやすくなり、インプラントが長持ちします。

また、歯肉移植術には、FGG ( 遊離歯肉移植術 ) という方法もあります。FGGは上皮組織と結合組織の2層を移植する方法になりますが、CTG ( 結合組織移植術 ) よりも技術的には比較的簡単ですが、歯茎の色の違いがあり、あまり審美的ではないといわれています。

CTG 治療の流れ

歯肉が痩せている状態
1. 歯肉が痩せてしまい、歯根が露出してしまっています。
結合組織を剥離します。
2. 上あごから、移植に必要なサイズをはかり、上皮をめくり、結合組織を剥離します。
歯肉が不足している部位の上皮をめくり、結合組織のみを移植します。
3.歯肉が不足している部位の上皮をめくり、結合組織のみを移植します。
縫合を行います。
4. 縫合を行います。
抜糸をして完成です。
5.抜糸を行い、完成です。

資料提供

スマイル歯科クリニック(スマイル矯正・インプラントセンター)

院長: 粟田 則正先生

タグ:
歯茎CTG

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材