ダイアグノデント(レーザー測定器)を使用した虫歯の診断方法

ダイアグノデントとは?
ダイアグノデントというレーザー測定器を使用した虫歯の診断方法があります。
ダイアグノデントで判別した虫歯をお口の中専用の小型カメラで撮影し、患者様に確認していただきます。
最後に治療した歯を再び撮影し治療前と比較していただきます。

ダイアグノデントと呼ばれる小型のレーザー機器は患者様の体に安全なレーザー光線で歯の状態を測定し、目では確認できないほどの虫歯を正しく把握します。

ダイアグノデントの機能

ダイアグノデント ダイアグノデントを使用することによって、隠れた虫歯を正確に測定し、予防することができます。

虫歯が知らないうちに進行してしまう前に見えない虫歯を確実に把握することは、歯科医療における重要な課題と言えます。

歯磨き粉や飲料水にフッ素を添加することは、歯科医療先進国では広く普及しており、それにより歯の表面を強化すると同時に虫歯感染への抵抗力を高めることができます。

しかし、固い歯の表面下に隠れた虫歯の診断は大変難しいのが実情です。なぜなら虫歯の進行は、ひとたび歯の内側に入り込むと瞬く間に柔らかい組織へと拡がっていくからです。

ダイアグノデントを用いた歯科治療の流れ

虫歯治療の様子 まだ痛くない虫歯の初期段階をレントゲンや深針で診査するには限界があります。

数値は機械の当て方などによっても変わってくる可能性はありますが、ダイアグノデントは歯科医師でも発見が困難な、歯の表面下にある小さな虫歯の進行管理に威力を発揮します。

そして、歯科医師・歯科衛生士が隠れた歯質変化を突き止めることを可能にし、歯が内側から崩壊する前に予防対策することで、虫歯の拡大、進行を抑制することに大変役立ちます。
この最先端レーザーは皆様の歯質の変化を瞬時にフィードバックしてくれます。

歯面にあてたプロープを軽く滑らせるだけで、歯質のチェックが可能になります。表示される数値とビープ音によって隠れた歯質変化を知らせます。
原 紀文院長先生

資料提供



医療法人社団郷友会 原デンタルオフィス

院長:原 紀文先生
>> 医院紹介ページへ

タグ:
治療の流れ虫歯治療方法

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材