カウンセリングルーム : ライオンインプラントセンター
(「ALL-ON-4」 - ガイドを用いて、その日に噛めるエイジングケア)

今回のカウンセリング相談者
相談者様 今村 よしえ さん
(65歳)
しっかり噛めるようになりたい
不安も痛みもなく快適で美しい歯を手に入れました

虫歯で歯の根っこまでボロボロになってしまい、近くの歯科医で治療したのですが、納得できる治療は受けられませんでした。そこで知人に相談したところ、ライオンインプラントセンターさんを紹介され、自宅からは少し遠かったのですが相談に伺いました。
第一印象では、医院とは思えないほど素敵な雰囲気だと思いました。おしゃれな内装と設備、それにスタッフの方々の対応もとても感じが良かったですね。理事長先生の説明も分かりやすく、納得して治療に臨めました。
この先生に聞きました!
鈴木仙一先生 ライオンインプラントセンター
神奈川県海老名市
鈴木仙一理事長先生
日本大学臨床教授
ドイツ国際インプラントアカデミー准教授)
充実のインプラント施設と症例数*4000本以上の臨床経験で納得のいく治療を

 当医院では患者様に“よい行い”を提供することをモットーとしております。
患者様への思いやりはもちろんのこと、口腔内だけでなく、患者様の全身の状態を考慮した治療を心がけております。また、一年に数回は海外へインプラントの研修に行き、様々な症状の患者様に対応できるよう知識と技術の習得に努めております。更に、設備を整え、患者様がより良い環境で治療を受けられる環境づくりにも力を入れています。
*2008年度までの通算

カウンセリングの流れ
STEP 1
STEP 2
STEP 3
STEP 4
 
医院紹介

STEP 1
 「ALL-ON-4」
・・・たった4本のインプラントで歯が入る
「ALL-ON-4」とは?
 9回目のカウンセリングルームでは、実際に治療を行った鈴木仙一理事長先生と、実際に治療を受けられた患者様にそれぞれインタビューをしました。
神奈川県にお住いの今村さんが治療を受けられたのは、神奈川県海老名市にある『ライオンインプラントセンター』。今村さんは、症例数4000本以上の実績(2008年までの通算)を持ち、全ての歯を失ってしまった方への治療もたくさん成功されていることから、「この先生なら」とインプラント治療受けることを決意されたそうです。
 まずは、鈴木先生が歯を全て失った方への治療法「ALL-ON-4」について先生にお話を伺いたいと思います。
 
理・・・鈴木仙一理事長先生 イ・・・インタビュアー 
そもそも、「ALL-ON-4」とは、インプラントのどのような治療になるのですか?
「ALL-ON-4」は、総入れ歯の方や、歯があってもグラグラで、抜歯を予定している方を対象としたクイック・インプラントシステムです。たった4本のインプラントで噛み合わせをつくることができるうえ、クイックという表現の通り、手術したその日から食事ができることが最大の特長です。つまり歯の無い状態で暮さなければならない期間を大幅に短縮できるのです。
これまでのインプラント治療では、最終的な完成まで何か月もかかっていたと思うのですが、なぜ、その日のうちに噛めるようになるのですか?
これまで、埋め込んだインプラントと骨の結合には3〜7か月かかっていました。ところが「ALL-ON-4」の場合は、各インプラントを連結固定して、手術直後から埋め込んだインプラントに適度な負荷をかけることで、かえってインプラントと骨の結合が安定するという特徴をもっているのです。歯が1本もない、あるいは、それに近い状態だからこそつながった形の総入れ歯で均等に負荷がかけられるということと、インプラントの素材や形体の進化などが、早期の骨の結合を可能にした大きな理由です。
負荷をかけるとインプラントと骨がくっつきやすくなるということですが、本数は多ければ多いほどよいというわけではないのですか?埋めるインプラントの本数が4本だけというのは、耐久性などに不安が残るような気がするのですが。
何かを支える場合、図@のように線で支えるより、図Aのように面で支えるほうがしっかりします。また、面で支えるとすれば、より広い面で支えるほうが安定します。この大原則に着目し、入れ歯を面で支えようと考えたのが発想の原点です。

@ A

どのポイントに4点を置くかは、顎の骨の量などさまざまな条件を計測した上で決まります。歯科用CTスキャンなど医療機器を使い、それぞれの人に合わせた精密な設計図を作って決まるわけです。この4つの支点となるのがインプラントです。条件によっては6〜8本必要は場合もありますが、基本は4本です。
最低4本あれば面を形作ることができるというわけですね。
そのとおりです。また、欠損歯ごとにインプラントを埋め込もうとすれば、片方の顎に14本のインプラントが必要になります。しかし、歯が1本もない、あるいはそれに近い状態の場合でも「ALL-ON-4」が適応できますから、10本分少なくて済みます。上下全てであれば20本分のインプラントを埋めなくて済むわけです。当然手術の程度も軽いわけですから身体的にも経済的にも負担は軽くなります。
「ALL-ON-4」は、インプラントで入れ歯を支える方法ですよね?歯が1本もない状態に近い状態の場合、残っている歯はどうなるのですか?
「できるだけ残った歯を大切にしたい」「虫歯ではないのだから抜きたくない」、そういった声はよく聞きます。私たちが「抜歯をしましょう」とおすすめしたら、それだけで来なくなる人もいます。
しかし、数本残ったその歯で本当に噛めますか?
虫歯で痛みがあって噛めないのであれば、まず治療をするのが普通です。しかし、インプラントの相談で来院される患者様の歯のほとんどは、歯周病をはじめとした歯ぐきの病気や炎症などによるぐらつきを伴った状態です。土台が崩れかけているのですから噛めませんし、この先も噛めるようにはなりません。とくに周囲が炎症を起こしているのであれば、その歯を残すこと自体、炎症が広がるかもしれないというリスクをもっています。そのうえ抜歯後すぐにインプラントを埋め込むと、その治癒力が骨とインプラントの結びつきをいっそう促進することも分かっています。
寿命がなくなった歯にこだわっているうちに、歯を支えている周りの骨が減っていってしまうということですか?
そのとおりです。だからこそ、少しでも早く打てる手を打ちたいと、切実に思っています。もちろん、1本だけのインプラントで噛み合わせを作れるのであれば「ALL-ON-4」をお勧めすることはありませし、患者様がどうしても歯を抜かずに残すことを希望し、審査診断で残すことが可能であれば抜くようなことはありません。

医院外観
外観
駐車場がございますので、お車でのご来院も可能です。

受付
明るい受付ロビー。スタッフの方が笑顔で迎えてくれます。

待合室
1人がけのカラフルなソファーで診療を待つことができます。

診療室
診療室
お一人おひとりのスペースを十分にとり、患者様のプライベートを守る空間を作るよう心がけています。




このページの先頭へ


STEP 2
「ALL-ON-4」
・・・より良い手術を行うために
手術の必要条件
 
理・・・鈴木仙一理事長先生 イ・・・インタビュアー 
「ALL-ON-4」の手術で失敗例というものはあるのでししょうか?
わずかですが起こりうる失敗の2大原因は、オーバーロードと細菌の感染です。
オーバーロードとはどういったことですか?
オーバーロードとは、1本の歯にかかっている負担が大きすぎたということで、3本歯がないのに、1本のインプラントで支えようとした場合、定着せず抜け落ちてしまうということです。もちろん不適切な診断や手術ならびに上に被せた冠の噛み合わせの問題もあるかとは思います。
もし高い失敗率があるとすれば、それは術前検査の不備、体調チェックの怠り、そして歯科用CTスキャン画像なしでの手術など何らかの不備があった場合と考えます。
より安全な手術のために必要な条件とはどのようなことですか?
「ALL-ON-4」の手術には、厳正な基準を満たした施設や設備が必要です。なぜなら「ALL-ON-4」を手術をされる総入れ歯の患者様は、ほとんどがご高齢であり、細心の注意と技術力が求められるからです。また、審査診断が重要なことはいうまでもありません。
必要な設備とは、具体的にどのようなものですか?
歯科用CTスキャン設備です。当院で導入した歯科用のCTスキャンは、一般のCT機器とは異なり、幅最小0.1ミリ以下の精度で断層撮影をします。それによって骨内の様子や状況を外部から見ることができます。
3D画像で立体的にも見ることができるので、神経の位置や空洞を把握しつつ、どの角度にどの長さでインプラントを埋入できるかを精密に判断できます。見えないところにドリルを勘で入れるのではなく、見えるところにドリルを入れることができるわけですから、CTスキャンがあるのとないのでは、治療内容に天と地ほどの差があります。
手術時には必ず必要なもののひとつということですね。

そうですね。 また、当院ではより細やかな手術のためにコンピュータによるインプラントのシュミレーションソフトも導入しています。 これは、CTで撮影した画像をコンピュータに取り込むと、コンピューター画面上で手術のシミュレーションができるというシステムです。
簡単にこのシステムを使用した治療の流れを説明しますと、まず、事前にCT撮影をしてコンピュータ上で手術のシュミレーションを行います。そして、 患者様のお口の中の情報(骨の厚みや硬さなど)をスウェーデンの技工所に送信し、インプラントを入れるためのガイド(マウスピースのような物)と最終補綴物(最終的な被せ物) を製作します。
手術当日は、作成したガイドを歯肉に装着し、そのガイドに沿ってインプラントを埋入します。そして、埋入したインプラントに最終補綴物を装着すれば、治療は完了です。
治療法は短時間でインプラントを入れられるだけでなく、手術をしたその日に歯を入れられる点が最大の特長です。

シュミレーション サージカルテンプレート
▲コンピュータによる設計 ▲ インプラントを入れるための精密なガイド
手術中 最終補綴物装着
▲ インプラントを埋入 ▲ 最終補綴物を装着
より良い手術のためにはCTとシュミレーションソフトは重要な設備なんですね。
その他にも必要な設備はありますか?
インプラントの手術を成功させるためには、なにより清潔な環境で手術を行うということが重要となりますので、クリーンシステムを導入した手術室の設備は必要だと考えています。また、狭く暗いお口の中がはっきり見える専用のライトも精密な手術を行うためにはかかせません。
そしてもうひとつ、日本歯科麻酔学会の歯科麻酔認定医が手術に立ち会うということです。インプラント手術時に通常使用するのは局所麻酔ですが、これに「静脈内鎮静法」という方法を併用すると、手術中の意識が薄れてうとうとした感じになり、心身に与えるストレスを減少させることができ、より快適に安全に手術を受けていただくことができます。
当院での、静脈内鎮静法を併用した手術に伴う全身管理は、歯科口腔外科領域における「全身麻酔」「沈静法」「疼痛治療」などを専門に行う歯科麻酔医が担当し、手術を行います。また、手術中は、最新の生体情報モニターを駆使し、脈拍、血圧、心電図、呼吸等の全身状態を厳重に監視しながら鎮静管理を行いますので、ご高齢の方の治療も安全に行うことができます。

<静脈内鎮静法とは

 抗不安薬などを用いた静脈内鎮静法は、全身麻酔とは異なり、うたた寝をしているような、あるいは、ほろ酔い加減のような状態で治療を受けることが出来る方法です。ストレスがほとんど無くなり、多くの場合、痛みも無くいつの間にか治療が終わっていたという感じがします。

■効果

1.不安や恐怖心が薄れ、うたた寝をしているような状態で治療を受けることができる。
2.血圧や脈拍が安定する。
3.健忘効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられる。
4.痛みも軽く楽に受けることができる。


■適応となる方
 
・歯科治療に対する不安や恐怖心が強い方
・歯科治療中に気分が悪くなったり、脳貧血を起こしたことのある方
・高血圧症、心臓病、糖尿病などの全身的な病気をおもちで、全身管理が必要な方
・落ち着いた気分で、楽に歯科治療を受けたい方



※治療結果・効果は患者様により個人差があります。
第一オペ室
第一オペ室
ガラス張りの第一オペ室では 公開インプラントオペも行っています。

第二オペ室
第二オペ室
最新の設備が整っています。

CT

CT
CTによる精密診断を行っています。

滅菌設備
滅菌設備
厳しい基準をクリアしたスウェーデン製の滅菌機。真空の状態で滅菌が行われるため、筒状のものでも滅菌することができます。

生体情報モニター
生体情報モニター
脈拍、血圧、心電図、呼吸等の全身状態を監視します。

このページの先頭へ


STEP 3
 「ALL-ON-4」
・・・いつまでも若々しくいるために
より充実した人生を送るために
 
理・・・鈴木仙一理事長先生 イ・・・インタビュアー 
最近、よく耳にする「エイジングケア」においても、「ALL-ON-4」が注目されているとききますが、どのような関係性があるのですか?
「エイジングケア」が多くの医療現場で注目されている今、美しい歯並びが口元のシワをカバーし、噛むことで表情筋が鍛えられる「ALL-ON-4」に関心をもつ患者様の声を良く聞きます。もちろんそのことで得る喜びや精神的な充足感は大きいものでしょう。

歯があると若く見られるということでしょうか?
口元の変形やシワなどは顎骨がやせたため起こる変化です。合わない入れ歯をしていると、顎骨は1年に1ミリのスピードで減少する場合があります。
合わない入れ歯を10年我慢して使い続けていると、骨が1センチもなくなってしまうのですか?
そういったケースもあると思います。1年では目に見えないほどの変化でも、徐々にシワとなってあらわれます。でも、「ALL-ON-4」によってよくかめるようになれば、いきいきとした口元がになっていくでしょう。若さと口元は関係があると思います。
 
 インプラント治療をすることにより、美しい歯と口元が改善できます。しかし、インプラント治療においては、歯やお口の中だけを考慮するでなく、全身の状態を考慮して治療をすることも重要とされています。
 特に、ご高齢の方や全身疾患をお持ちの患者様がインプラント治療を受ける際には、「全身管理」のもとに手術を行うことが必要となる場合もあります。

<全身管理について

全身疾患(高血圧症、心疾患、呼吸器疾患、糖尿病、脳梗塞など)を有する患者様や、歯科治療に対して強い恐怖心をお持ちの患者様は、手術中に急激に体調不良(発作など)を起こす場合があります。
そのような患者様の体調の変化を早期に察知するために、術中に血圧、心電図、心拍数、脈拍、動脈血酸素飽和度などのモニタリングを行い、注意深く全身状態を観察・把握することを、歯科治療における「全身管理」といいます。
そして、もし手術中に何か起こったとしても、即座に救急処置を行い、必要に応じて担当の診療科と連携しています。

現在、高血圧症や狭心症などの疾患を有する方は、成人の10人に1人と言われています。
特に高血圧症は50歳以上の方に多く、脳卒中や心筋梗塞との関係も指摘されています。
最近は血圧を家庭で測る方も増えておりますが、歯科医院において、手術中だけでなく、治療の前にも血圧などを測定し、全身状態をしっかりと把握をしてから診療を進めることが重要とされています。
▼ライオンインプラントセンターの待合室には様々な測定器が設置してあります
血圧測定器
血圧測定器
ストレス測定器
血管年齢及びストレス測定器
体成分分析器
体成分分析器


鈴木仙一理事長先生
鈴木院長先生
これまで(※2009年現在)の症例数2000本以上のインプラント治療経験・実績があります。

本も出版されています
「インプラント革命」
インプラント治療についてわかりやすく書かれています。

このページの先頭へ


STEP 4
 患者様インタビュー
・・・「歯が健康でキレイだと、自然と顔もニコニコしてしまいます」
患者様の声
 
患・・・患者様 イ・・・インタビュアー 
まず、「ライオンインプラントセンター」さんに来院されたきっかけを教えていただけますか?
子供を産んでから、どんどん歯が弱くなってしまって、虫歯で歯の根っこまでボロボロになってしまっていたんです。
最初は、近所の歯科医院に通っていたのですが、詰め物がすぐ取れてしまったりして…他に良い歯科医院がないか探していたら、知人がライオンインプラントセンターさんを紹介してくれました。
インプラント治療についてはご存知だったんですか?
インプラント治療は、理事長先生にお話を聞いて、その時に初めて知りました。
でも本当に、先生のアドバイス通りインプラントにして良かったと思います。もう全く自分の歯と同じ感じで噛めますので、とても快適ですね。
手術はどんな感じでしたか?
最初は「手術」と言うから、大変なんだろうと思っていたんですね。だけど実際は30分ほどであっという間に終わって、痛みもありませんでした。
あと、理事長先生を信頼して手術に臨めましたね。先生はよく海外にも研修に行かれていて常に勉強をなさっているし、治療の説明もきちんとして下さる。
今は「理事長先生以外に私の歯は触らせたくない!」って思っているくらいです(笑)
治療を受けて変わったことは何ですか?
やっぱり歯が無いと口の周りのたるみが気になっていたのですが、インプラントを入れてからはそれが気にならなくなりました。あと、よく噛めるので色々なものを食べられるのが嬉しいですね。友達と食事しながらおしゃべりするのも本当に楽しい。
歯が健康でキレイだと、自然と顔もニコニコしてしまいますね。これからも、もっともっと歯をキレイにしていきたいと思っています。
カウンセリング風景カウンセリング風景

患者様
今村さん
神奈川県在住の今村よしえさん。
インプラントを入れてから口元のたるみが気にならなくなりました。


このページの先頭へ


   ライオンインプラントセンター 

地図

院長名
鈴木仙一
住所
神奈川県海老名市勝瀬140-3
電話番号
046-232-8811
診療時間
午前10:00〜13:00/午後14:30〜19:00
休診
木曜・日曜
医院の詳しい情報はこちら!

このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です