クリニックレポート: わきた歯科医院 わきたインプラント矯正センター
(最新の設備と技術による安全・納得のインプラント治療を提供!)

アクセス便利!患者さまの通院に配慮された歯科医院

さがみ野駅北口ビル1階
さがみ野駅北口ビル1階

【相模鉄道本線 さがみ野駅 北口から徒歩1分! 電車でもお車でも便利なアクセス!】

今回のクリニックレポートは、神奈川県海老名市(東柏ケ谷)にある「わきた歯科医院 わきたインプラント矯正センター (以下 『わきた歯科医院』さん)」です。
相鉄相模鉄道本線さがみ野駅から徒歩1分。横浜駅から25分、長津田駅から30分。東急田園都市線、小田急江ノ島線沿いに住んでいる方でもアクセスしやすい立地です。
『わきた歯科医院』さんは、さがみ野駅北口を出て30mほど右に曲がった先のマクドナルドや横浜銀行のすぐ近くにあります。しかも、駅から近いだけでなく、国道246号線からからもアクセスしやすいという好立地。町田・青葉区方面からのお越しの方は246号線を左折してすぐ、厚木方面からお越しの方は、264号線を右折してすぐに『わきた歯科医院』さんを見つけることができます。そして、クリニックを右手に100メートルほど行くと、「A1.A2駐車場」、裏手には「アイベックさがみ野第3駐車場」があり、お車で来られた方も通院しやすいように配慮されています。
また、マクドナルドの近くにも看板が設置されているので、地図の苦手な私でもすぐに見つけることができました。
『わきた歯科医院』さんに到着後、さっそく1階の「受付」にお邪魔しました。

明るく、笑顔で迎えてくれる温かい受付・待合室

待合室
待合室

【受付・待合室】

「こんにちは。」入口のドアを開けた瞬間、スタッフの方が明るく迎えてくださいました。
院内にはクラシカルな音楽が流れ、落ち着いた気持ちになります。待合室を見渡すと、学会での発表や海外研修等の活動記録、さまざまな賞状が飾られていました。先生の技術の確かさや交流の広さが想像され、ますます、院長である脇田先生とお会いするのが楽しみになりました。

デンタルグッズも充実
デンタルグッズも充実

待合室のマガジンコーナーには、脇田先生が執筆した「All-on-4」の本、『わきた歯科医院』先生を紹介している雑誌や歯科治療に関する書籍が整然と並んでいました。 待合室では、診療や清算で待っている患者さんに「○○さん、お待たせしてます。」など時おり、やさしく声をかけられていました。スタッフの方の細やかな気遣いに、とても温かい心持ちになりました。

最新の充実した設備 - 全ては患者さんのために -

快適さにこだわったユニット
快適さにこだわったユニット

「院長先生のオペ(インプラント手術)が終わりました。どうぞお入りください。」
スタッフの方にご案内、診察室にうかがいました。
「こんにちは。院長の脇田です。インプラント治療のことや、当院の設備のことなど、何でも聞いてくださいね。」と、脇田院長先生は笑顔で迎えて下さいました。

―より快適に、よりご納得いただける治療を提供したい―

診察室に入ると、落ち着いた色合いで座り心地の良さそうなユニットが設置されていました。
「当院では、保険治療においても快適性を提供できる最新のユニットを使用してるんです。患者さんは、治療の際、痛みを不安に思われると思います。私は、できる限り痛みをを少なくして、心地よい環境で治療を受けていいただきたいと思っているんです。」
と脇田先生。『わきた歯科医院』さんのユニットは、人間工学を応用した、ドイツ製の快適なユニットです。患者さんの快適さはもちろん、院内や機材を清潔にすることで、感染症を防ぐための細心の注意をされていることがうかがえました。

また、患者さんの痛みにとても配慮されている脇田先生。インプラント手術の際には、10年ほど前から先生が臨床教授を務めていらっしゃる「日本大学歯科麻酔科教室」と連携し、「静脈内鎮静法」を行われているそうです。静脈内鎮静法を併用することで、あたかも眠ったような状態を得られ、より快適、より落ち着いて手術を受けることができます。

CTスキャナーとシミュレーション
CTスキャナーとシミュレーション

―より精緻で・より的確な診断を―

また、「できるだけ低侵襲(患者さまにとって体の負担の少ないこと)で、より良いインプラント治療を提供したいんです」と脇田先生。

被ばく量の少ない最新の歯科用CTスキャナーも導入されています。歯科用CTスキャナーでは、3次元の撮影を行うことができるため、顎の骨の状態はもちろん、神経の位置なども的確に診断することができます。

CTスキャナーでの撮影を行った後、『わきた歯科医院』さんではコンピュータを使用した術前シミュレーションもされているそうです。術前シミュレーションとは、術前シュミレーションソフトで、歯科用CTスキャナーで撮影を行ったデータを直接取り込み、コンピュータ上で、実際にどの位置にインプラントを埋入するのが適しているかをシミュレーションすることができます。

長年の臨床経験だけではなく、術前シミュレーションを行った上で手術をされているというお話に、「より精密、より的確、かつ安全にインプラントを提供したい」という脇田先生の患者さまへの熱い思いを感じました。


補綴物の設計
補綴物の設計

―より美しい歯をお作りしたい―

「的確で安全な手術はもちろん、より美しい歯もお作りしたいんです。」という脇田先生。審美性も重要視し、最新の補綴物の設計を行うためのスキャナーを導入されています。院内ラボ(歯科技工物を製作するための場所)を持たれている、「ノーベルバイオケア社プロセラネットワークラボ」となっている医院さんでもあります。

常に最新の技術を習得し、提供 -インプラント治療の発展のために-

フォーラムでの講演の様子
フォーラムでの講演の様子

【メーカー主催のフォーラムで講演】

脇田先生は様々な講演活動も行っています。
インプラントメーカーの主催で毎年開催されるフォーラムでは、「All-on-4」を行った臨床報告や、どのようなテクニックが必要であり、どのような視点で診察にあたるべきかなどを講演されました。


日本松戸歯科大学での講演風景
日本松戸歯科大学での講演風景

【日本大学松戸歯学部 - インプラントに精通したドクターとして講演】

日本大学 松戸歯学部臨床教授でもあられる脇田先生は、大学でもご自身のAll-on-4インプラントの成功率について、研究の成果の講義を行ない、聴講された先生方より多大なる評価を受けています。また、同大学で卒後研修コースインプラントAll-on-4の講師も務められています。

実際にインプラントを行っている同大学卒業のドクターに対し、ご自身の臨床経験や技術をを伝え、インプラントドクターの育成にも励まれています。

【国内だけでなく、海外での講演活動も】

国内のドクター向けの講演だけでなく、脇田先生は、海外のドクター向けのセミナーでも、講演を行われています。
2009年の12月には、韓国の釜山にて、韓国のインプラントドクターを対象に「All-on-4・コンピュータガイドシステム・CAD/CAM(インプラントブリッジ)」についての講演を行われています。
このように、脇田先生はご自身の研鑽だけでなく、今後のインプラント治療の発展のために日々努められています。


韓国での講演の様子
韓国での講演の様子
講演が行われた釜山
講演が行われた釜山

インプラントドクターとして、宝物は患者さんの笑顔です!

脇田先生に、「この仕事の一番のやりがいは何ですか?」とうかがったところ、「患者さんの笑顔です!」と即答。『わきた歯科医院』で噛める喜びを手にした患者さんのエピソードをお話しいただきました。

衛生士の佐藤さん(左)と平吹さん(右)
衛生士の佐藤さん(左)と平吹さん(右)

【術前、不安も解消 - 「何でも食べられる」喜び】

「この方(平吹さん 58歳)(写真右)はね、チラシやタウンページで当院を訪ねていらっしゃったんです。最初は『大学病院のほうがいいかもしれない』と思っていたそうなんですよ。私も後から聞いたのですが、待合室でほかの患者さんからインプラント手術は痛みを感じなかったことや生活が変わったと体験談を聞いて、すっかり不安がなくなったそうなんです。それから、『スタッフが美人ぞろいで親切だった』ことも良かったとおっしゃってましたけど。

平吹さんは『インプラントにしてピーナツ・せんべい、何でも食べられるようになったことが本当に嬉しい!ただ、体重が増えたのが悩みです。』なんて、おっしゃってたんですよ。」と、脇田先生は懐かしそうに平吹さんの写真を見つめていました。

衛生士の加瀬さん(左)と 八藤後さん(右)
衛生士の加瀬さん(左)と 八藤後さん(右)

【手術の痛みは気にならなかった -「食べ物が美味しい」ありがたさ】

「この方(八藤後さん 80歳)(写真左)はね、今まで虫歯治療を受けた後の鎮痛薬を飲んでも辛かったそうで、とても痛みを心配されていたんですよ。でも、手術が終わって『痛みは大丈夫でしたか?』とうかがったところ、『麻酔のおかげでしょうか?まったく痛みを感じませんでした。もう終わったんですか?』とおっしゃってましたね。痛みを感じず、ずっと食べ物を美味しくいただけるようになったことが一番嬉しかったそうです。『今までみたいに『わきた歯科医院』さんに来られなくなるのがちょっぴり寂しい』なんておっしゃってました。」と、気恥ずかしそうに語られる脇田先生。

脇田先生の口からは次々に患者さんのエピソードがこぼれてきました。エピソードを語られる先生の表情は患者さん以上の笑顔が溢れていることに、私も嬉しくなりました。

※治療に対する感想には個人差があります。

インプラントは人生を変える - 患者さんの背景を知ることからです。

最後に、『わきた歯科医院』さんの診療方針をうかがいました。

脇田 雅文 院長先生
脇田 雅文 院長先生

【わきた歯科医院の診療方針】

患者さんを笑顔にすることです。

「カウンセリングに来られた時も、診療に来られた時も、「患者さんを笑顔にすること」をモットーにしています。歯を治すことは、心と体全身を健康にすることにもつながります。スタッフにも気持ち良い挨拶や対応など、「患者さんを笑顔にすること」を心がけるよう指導しています。」

患者さんの背景、歴史を理解すること。

「痛みの敏感さや疾病はもちろんですが、それだけではなく「患者さんの背景・歴史」を理解するようにしています。お仕事の内容や来院されるまでに至った経緯をうかがうことで、歯にどんな無理をしたのかな?これから、どんな治療が必要になるのかな?と、想像し、理解することがドクターとして信頼関係を築き、インプラントを成功するために大切なことだと思っています。
なぜなら、インプラントは入れた後のメインテナンスも大切だからです。これから長い付き合いになるからこそ、お互いに信頼し合うことが必要と考えています。」


カウンセリング風景
カウンセリング風景

【脇田先生からのメッセージ】

「インプラントで噛めるようになれば、人生に明るい影響を与えると思っています。インプラントにすると、口元がきれいになり、これまでと比べて食べ物をしっかりと噛んで味わうことができます。歯は胃腸と同じように健康を得るための大切な器官です。患者さんのお口と心、身体の健康増進を提供できるよう、歯科衛生士、歯科技工士、歯科矯正医チームで取り組んでいます。
清潔で明るい雰囲気の親しみやすい空間で、皆様の来院をスタッフ一同お待ちしております。歯に関してお悩みの際は、お気軽にご相談ください。」

『わきた歯科医院 わきたインプラント矯正センター』さんにお伺いして

スタッフ集合写真
スタッフ集合写真

【最新の技術とたゆまぬ努力の証、 笑顔の絶えない歯医者さん】

今回『わきた歯科医院』さんにお伺いして、「最新、かつ、より良い設備と技術を提供するだけではなく、患者さんの笑顔を作ること」を大切にされている歯科医院さんであることが伝わりました。
それは、脇田院長先生の「インプラントは人生に明るい変化をもたらす治療」であると考え、「たくさんの笑顔を見たい!」という先生の思いが、患者さんへの診療方針やスタッフへの指導、講演会での育成活動などに表れているのではないでしょうか。脇田院長先生がラジオ番組で話されていたAll-on-4の解説や、講演会での臨床報告、たくさんの患者さんの体験談などを『わきた歯科医院』さんのホームページからも聞くことができます。こちらのクリニックレポートで伝えきれない内容を知ることができますので、ぜひ、一度ご視聴下さい。インプラント治療を迷っている方や、セカンドオピニオンを考えられている方も、一度『わきた歯科医院』さんに伺ってみてはいかがでしょうか?

クリニック情報

わきた歯科医院 わきたインプラント矯正センター
所在地 神奈川県海老名市東柏ケ谷3-13-6
さがみ野駅北口ビル1階
TEL・FAX 046-210-7492/046-233-5214
診療時間 平日 9:30〜13:00 / 14:30〜19:00
土曜 9:30〜13:00 / 14:30〜18:00
休診日 日曜・祝日

わきた歯科医院 わきたインプラント矯正センター 詳細はこちら
このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です