手術のその日に歯が入る即時負荷

即時負荷インプラント治療とは?

即時負荷インプラント治療とは?

通常のインプラント治療では、顎骨と埋め入れたインプラントが十分に結合するまで3から4ヵ月待ってから、人工歯(被せ物)をインプラントに装着します。
しかし、歯を多く失った患者様や前歯を失った患者様からは、「目立つので少しでも早く歯を入れたい」というご要望をいただくことがあります。

そのようなご要望にお応えする治療方法が、「即時負荷」です。
即時負荷は、一定の条件を満たすことで、手術したその日のうちにインプラントに仮歯を装着して噛むことができるようにします。

即時負荷を可能にする技術

即時負荷を可能にする技術

即時負荷によるインプラント治療にとって最も大切なことは、インプラントを埋め入れたときの顎骨との固定力(初期固定)です。

即時負荷は10年以上前から行われている治療方法ですが、即時負荷で十分な初期固定を得るためには、一定の水準以上の技術と経験が歯科医師に必要とされます。

新港イトセ歯科医院では、平成16年より10年以上にわたって即時負荷インプラント治療を行ってきた実績がありますので、即時負荷での治療をご希望の患者様はぜひ当院にご相談ください。

安全に即時負荷できるインプラント

安全に即時負荷できるインプラント

当院の即時負荷インプラント治療では、即時負荷に適したノーベルバイオケア社のインプラントシステムを採用しております。

このインプラントシステムは、骨質の軟らかい部分でも骨を圧縮して埋め入れることで、強固な初期固定を獲得します。
これにより、当院では通常では即時負荷が難しいケースでも、安全に即時負荷インプラント治療を行うことが可能です。

即時負荷インプラントの治療の流れ

  • STEP1

    インプラントを埋め入れる

    インプラントを埋め入れる

    局所麻酔をして、インプラントを埋め入れる部位の歯肉を切開します。
    顎骨に穴をあけたらインプラントを埋め入れます。

  • STEP2

    支台の連結

    支台の連結

    インプラントの頭部に人工歯を接続する支台を取り付けます。支台が露出した状態で歯肉を縫合します。

  • STEP3

    仮歯の装着・治癒期間

    仮歯の装着・治癒期間

    支台に仮歯を装着します。ここまでを1回の手術で行うため、手術当日に歯が入り、軽い食事もすることができます。
    手術後は、インプラントと顎骨が結合するまで3から4ヵ月ほど経過観察をします。

  • STEP4

    最終的な被せ物の装着

    最終的な被せ物の装着

    インプラントと顎骨が十分に結合したら、歯型を採って最終的な被せ物を作製し、装着します。
    即時負荷を行うことで、すぐに見た目を回復でき、食事も比較的しやすくなるため、治療による日常生活への負担を少なくすることが可能です。

新港イトセ歯科・インプラントセンター

所在地
大分県別府市新港町5-1 シャインリゾート別府2階
電話番号
0977-21-4477
診療時間
平日 9:00〜18:00
土曜 9:00〜17:00
日曜・祝日 9:00〜13:00
休診日
お問い合わせください
アクセス
大分交通、亀の井バス 『別府警察署前』下車 徒歩3分
HP
http://shinminatoitoseshika.com/lp_implant-1507/
ご予約・治療のご相談
ご予約
治療のご相談
このページの先頭へ
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です