銀座トリニティデンタルクリニック 医院HP

銀座トリニティデンタルクリニックのホームページを見る

▼モバイル版はこちらモバイル版
こちらの医院情報を
携帯で確認できます。
銀座トリニティデンタルクリニックの診療案内

インプラント治療について

インプラント治療は失ってしまった自分の歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め入れ、その上に人工の歯(被せ物)を取り付けることで噛み合わせを回復する治療法です。

埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定され、噛む力は歯槽骨と呼ばれる骨によって支えられます。これにより元の健康な歯のように強い力で噛めるようになります。

また、ブリッジなどのほかの治療方法と違い、残っている健全な歯を損なうことなく治療を行うことが可能です。

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
ほかの歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

インプラント補助手術

インプラントを埋め入れる際、十分な顎の骨の厚みがないとインプラントをしっかり固定することができません。顎の骨が薄くてインプラントを埋め入れることができないといった場合には、GBR(骨再生誘導法)やサイナスリフトなどの顎の骨を増やす処置(骨造成治療)が必要になります。

GBR (骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)とは、骨が足りない部分に骨移植材(患者様自身の骨や人工骨)を置いて、その上にメンブレンと呼ばれる骨造成用の人工の皮膜を貼ることにより、骨の再生を誘導する治療法です。

インプラントを埋め入れるためには、顎骨の幅が、7〜8ミリ程度あることが望まれており、最低でも6ミリ以上の骨幅が必要になります。患者様の顎骨がその条件を満たしていない場合、GBRを行うことでインプラントの埋め入れができる場合があります。

サイナスリフト

サイナスリフトとは上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。上顎洞(左右の鼻の奥に広がる大きな穴)の底を押し上げ、そこに骨の代わりとなる材料(骨補填材)を流し込み、インプラントを埋め入れるためのスペースを作る治療方法のことをいいます。

歯を失ってしまうと、それを支えていた周りの骨が痩せ細ってしまい、上顎の骨の厚みが薄くなってしまいます。あまりに薄くなると、インプラントを埋め入れた際にインプラントが上顎の骨を突き破ってしまい、しっかりと固定することができなくなります。
このような場合には、インプラントを埋め入れるために、サイナスリフトにより上顎の骨の厚みを増やす必要があります。

当院のインプラント治療の特徴

◆提携医院とのチーム医療

提携医院とのチーム医療

▲提携医院と協力して治療を行います

当クリニックでは、提携医院と協力しながらインプラント治療を行います。患者様の症状や治療の状況により、それぞれの症状に対応した提携医院が治療をご提供致します。

◆充実のカウンセリング

インプラント治療は、歯科医師と患者様の信頼関係が重要です。当クリニックでは、患者様との信頼関係を築くため、カウンセリングを重視しています。
じっくりとお話をお聞きするため、長い場合は2時間程お時間をいただいて、患者様の不安や疑問を解消できるよう努めています。

◆カウンセリングの流れ

患者様のご希望や疑問をお伺いします。不安なことや疑問がございましたら、どんなことでもお尋ねください。治療について、じっくりと話し合いましょう。

レントゲン・歯科用CTによる検査を行います。歯や顎の骨の状態を把握し、インプラント手術が問題なく行えるかどうか、どのような治療法がより適しているのかを判断致します。

それぞれの患者様に合った治療計画書を作成致します。治療医計画書は、5〜10ページ程度の内容です。

患者様により適したインプラントメーカーのインプラントを使用し、手術を行います。

◆患者様により適したインプラントの使用

当クリニックでは、それぞれの患者様により適した治療を行えるよう、7つのインプラントメーカーのインプラントを使い分け、治療を行っています。
「顎の骨が薄い方には細身のインプラントを使用する」、「治療にあまりコストを掛けられないという患者様にはリーズナブルなインプラントを使用する」、というように、一人ひとりの患者様に合わせた柔軟な治療を行っていきます。

インプラント症例

症例:前歯のインプラント症例

症例写真

神経をとる治療をした歯が破折[はせつ]し化膿していたため、抜歯を行いました。写真は抜歯後約2ヵ月の状態です。歯肉は十分に治癒していますが、歯があった部分の外側の膨らみは、隣の歯の部分に比べて少し凹んでいます。ここから、インプラント治療と骨造成治療を併用し、治療を行っていきます。

アバットメント(人工の歯根と被せ物の連結部分)をセット後、被せ物の形態に合わせて歯肉の形を整えていきます。

ジルコニアによって補強された、セラミック製の人工の歯をセットしました。ジルコニアは高い強度や優れた耐久性が特徴の歯科治療素材です。金属アレルギーの患者様にも適応が可能で、見た目も自然です。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

症例:奥歯(下顎)がない場合のインプラント症例

症例写真

インプラント治療前の状態。下顎の奥歯が1本ありません。

人工の歯根を埋め入れ、ヒーリングアバットメント(人工の歯根に被せる治癒用の蓋)を被せた状態です。ヒーリングアバットメントを被せることにより、歯茎の形を整えます。

治癒期間を経て、ヒーリングアバットメントを取り外した状態です。歯茎の形がすり鉢状に整えられたことが分かります。

人工の歯を取り付けた状態です。元の健康な歯のような自然な見た目と咀嚼[そしゃく]能力を回復することができました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

症例:インプラントで入れ歯を固定

症例写真

初診時のお口の状態です。すべての歯に歯石が多量に付着しています。上顎左と下顎右の奥歯はすでに失われています。また、歯はかなりグラグラしています。

すべての歯を抜歯し、4本のインプラントを埋め入れました。インプラントが骨と結合したあとに、アバットメント(人工の歯根と被せ物の連結部分)をセットした状態です。

上下の入れ歯を人工の歯根に連結した状態です。入れ歯の裏側にセットされたキャップとアバットメントがしっかりと結合されるため、より安定した入れ歯となります。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

ページの先頭へ戻る

住所 104-0061
東京都中央区銀座6-9-7 4階

地図 地図を見る
ホームページ 銀座トリニティデンタルクリニック
ホームページを見て、医院や治療についてもっと詳しく知りましょう!
診療時間 10:00〜20:00
休診日 不定休
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です