インプラントの構造を理解しよう!

インプラントを埋め入れる手術後の歯茎

インプラントを埋め入れる外科手術や骨移植は、歯茎を切って顎の骨を削りますので、手術直後に、腫れ、痛み、皮下出血、出血が長引くなどが起こることもあります。
そのなかでも痛みや腫れが現れやすいようで、術後不安になり、当サイトに問い合わせされる方が多くいらっしゃいます。
ここでは、痛みと腫れについて、痛みや腫れを軽減するための注意点、歯科医院に連絡した方がよい症状などについてご紹介します。

手術による痛みと腫れはどのくらい続くの?

骨を増やす手術
▲骨を増やす手術

術後の痛みや腫れは、骨を増やす処置を行ったり、手術範囲が大きかったりすると起こる可能性はより高くなります。このような症状は、時間の経過とともに緩和していくことがほとんどで、治まるまでに5〜10日を要します。

術後の経過を不安なく過ごすために

次のことを事前に聞いておかれることをお勧めします。
・ 手術後にどのような状態になるのか
・ どのようなことが起こったら連絡したらよいか
・ 術後の注意点
・ 時間外にトラブルが生じた場合の連絡先

痛みや腫れを軽減するための注意点

処方された薬をきちんと飲みきりましょう

(1) 処方された薬をきちんと飲みきりましょう

治療後に処方される薬の種類は、歯科医院によって異なり、また、手術内容や健康状態に応じて、内容や量が変わることもあります。術後には、主に痛み止め、抗生剤、消炎剤などが処方されます。内服薬として処方された薬は、指定通りに飲みきりましょう。特に抗生剤は、指定された間隔で飲むことによって効果を発揮します。飲み忘れると殺菌効果を期待できなくなりますので、注意しましょう。

(2) お口の中を清潔に保ちましょう。

手術部位以外の自分の歯は通常通り磨き、食べ物をお口の中に停滞させないようにして、清潔に保ちましょう。しかし、手術後2〜3日は、傷口のかさぶたが剥がれて再び出血することも考えられますので、強いブクブクうがいは控えましょう。歯磨き粉やうがい薬の使用については、歯科医師によって使用するしないの指示が異なりますので、確認を取っておくとよいでしょう。

歯科医院に連絡した方がよい症状

次のような場合は、歯科医院に連絡し、症状を伝えて指示を仰ぐとよいでしょう。

・ 痛み止めが効かない激しい痛み
→お薬が合ってないことや、インプラントや周りの組織に問題が起こっていることも考えられます。

・ 5日以上経っても症状が変わらない、もしくは、症状が強くなる
→インプラントや周りの組織に問題が起こっていることも考えられます。

・ 薬を飲んでから下痢をしたり、湿疹がでたりする
→お薬が合ってないことが考えられます。

・ 上顎の奥歯の手術後、鼻からの出血が止まらなかったり、膿がでたりする
・ 下顎の奥歯の手術後、下顎が痺れる、または、よだれが止まらない
→手術をした付近の組織に問題が起こっていることも考えられます。

多くの場合に、手術から1週間〜10日後に抜糸が行われますが、それまでは違和感や不快感をもつことが多いようです。そのほとんどは一過性のもので、治まっていくことがほとんどです。傷口の状態が気になっても、指や歯ブラシで触らないようにし、新たな傷口や感染を起こさないようにして過ごしましょう。

インプラント手術後の痛みや腫れに関するまとめ

痛み

・ インプラントを埋め込む手術中は麻酔をするため、痛みを感じることはないが、麻酔が切れてから2〜3日は痛みがある
・ インプラントを埋め込む本数が多いと手術範囲が広くなるため痛みが出やすい
・ 骨を増やす手術を行った場合は4〜5日は痛みがある
・ 術後の抜糸を麻酔なしで行った場合にチクチクとした痛みを感じることがある

腫れ

・ 1〜2本と少数の場合はほとんど腫れず、骨を増やす手術、インプラントを埋め込む本数が多い場合は手術の範囲が広くなるため腫れやすい
・ 術後2,3日目がピークで徐々に腫れは引いてき、1週間〜10日ほどで元に戻る

痛みや腫れがひどくなるトラブルを避けるために術後は以下のことを心がけましょう

・ 処方された薬をきちんと飲む
・ お口の中を清潔に保つ
・ 激しい運動を控える
・ お酒を控える
・ 熱いお風呂、長風呂は控える
・ 激しい運動を控える
・ 手術した部位に刺激を与えない



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材