歯科用語集

血餅(けっぺい)

別名:血ぺい  フィブリンクロット
出血したあと、しばらく放置したあとにできる血の塊。

血管外に出た血液は、通常5〜10分で自然に固まる。この血の塊を血餅といい、外界からの刺激を遮断して、止血や傷口の治癒に重要な役割を果たす。

歯科治療では、抜歯後に血餅ができるが、強いブクブクうがいや、傷口を触ることにより、血餅が剥がれて傷口が感染してドライソケットになる恐れがある。
抜歯後のうがいは、水をそっと吐き出すようにし、傷口を指や歯ブラシで触らないように注意する。
血餅




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証