歯科用語集

メラニン色素(めらにんしきそ)

紫外線を浴びたときにその刺激から肌などを守ろうとする細胞のことです。
このメラニン色素が着色してしまうと肌が黒くなったりします。

歯茎の変色の5%〜10%くらいがメラニン色素が原因といわれています。紫外線以外にも、喫煙やブラッシングの刺激なども原因となります。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証