歯科用語集

無カタラーゼ症(むかたらーぜしょう)

別名:高原氏病
過酸化水素を分解する「カタラーゼ」が不足している病気。
先天性の遺伝的酵素欠損の代表例で、常染色体性劣性遺伝病の一つ。

■無カタラーゼ症はホワイトニングの絶対的禁忌症
無カタラーゼ症を診断された患者は、過酸化水素を含む薬剤によるホワイトニングは決して行ってはいけない。
過酸化水素が分解できないため、有害物質として体内に残ってしまい、進行性口腔壊死などの危険な症状を招く恐れがある。

■無カタラーゼ症の疑いがある症状
オキシドールを少量傷口に塗り、白い泡が立たない場合は無カタラーゼ症の疑いが強いとされています。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証