インプラントオーバーデンチャー
−1本のインプラントで部分入れ歯の噛み心地を改善−

歯が無いところが多い患者様は、1本歯が無くなったら1本インプラントを入れると思っておられませんか?実は取り外しの入れ歯とインプラントの組み合わせで、入れ歯の噛み心地を改善する事ができるのです。

部分入れ歯をお使いのコチラの患者様、左下に歯が無いため、顎の粘膜で入れ歯を支えるしかなく、噛み心地が今一つで、噛むたびに浮きあがり、安定しませんでした。

インプラントオーバーデンチャー 治療前の口腔内写真

そこで奥歯の位置に1本だけインプラントを入れました。

インプラントオーバーデンチャー 治療後のレントゲン写真

インプラントの上には磁性アタッチメントを取り付けました。

インプラントオーバーデンチャー 磁性アタッチメント

「入れ歯がパタパタしなくなった!」とは患者様のお言葉です。インプラントは骨に直接つくので、噛み合わせを支える力は入れ歯だけの場合と比較して各段に強いのです。更にこのケースでは、下の入れ歯が動く度に叩かれて揺すぶられていた上の奥歯の動揺が収まってしまいました。噛み合わせはバランスが大事なんですね。

インプラントオーバーデンチャー 治療後の口腔内写真

失った本数分のインプラントを埋め込まなくても、たった1本のインプラントを、以前からお使いの入れ歯に追加することで、より良い状態に噛み心地を改善することができました。インプラントにはこんな使い方もあるのです。

※治療結果には、患者様によって個人差があります。

 width=  width=
資料提供
小金井歯科
小金井歯科
院長 : 高田 尚美 先生
>> 医院紹介ページへ


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材