治療の可否(36記事)

インプラント治療に向いているか向いていないかはどう判断すればよいのでしょうか?治療の可否をご案内します。

インプラント治療に適したケースとは?例えば、1本歯を失って、そこには必ずインプラント治療を選択するのがベストかといえば、そうではありません。わざわざ高額なインプラント治療を選択せず...

続きを読む ≫

インプラント治療が受けられる年齢は、一般的に下は20歳から、上は70歳までといわれています。それ以外の方は、何故受けることができないのかご紹介します。 18〜20歳以下の方18〜2...

続きを読む ≫

インプラント治療は、ブリッジや入れ歯のように周囲の歯に影響を与えない治療方法です。顎の骨の状態さえ良ければ、歯の位置や本数に制限はありません。治療部位についてインプラントは、前歯で...

続きを読む ≫

治療を受けるときに、歯科医師へ伝えておくことインプラント治療は、歯茎を切って、あごの骨に人工歯根(チタン製)を埋め入れる外科手術が必要です。インプラント治療は、骨の成長が完了した1...

続きを読む ≫

部分入れ歯を使用していた場合のお口の状態▲部分入れ歯部分入れ歯は、部分的に歯を失った場合の治療法の一つで、残っている歯にバネなどをかけて入れ歯を安定させます。そのため、ブリッジやイ...

続きを読む ≫

▲永久歯ヒトの歯は、乳歯は20本、永久歯は28本(親知らずを入れると32本)ありますが、中には生まれつき歯の数が少ない「先天性欠如(せんてんせいけつじょ)」の方がいます。これは、乳...

続きを読む ≫

インプラントの大敵「喫煙」喫煙は様々な健康への被害を及ぼしますが、歯への影響も例外ではありません。喫煙により、歯茎の毛細血管が収縮し血行が悪くなるので、創傷治癒が遅れたり、インプラ...

続きを読む ≫

現在、複数の歯を失い、入れ歯で治療されている方の中で、何らかのお悩みをお持ちの方や、複数の歯を失ったまま、どの治療を行うか迷っている方はいませんか?ここでは、このようなお悩みをお持...

続きを読む ≫

現在、失った1本の歯の治療で、ブリッジや部分入れ歯をされている方の中で、何らかのお悩みをお持ちの方や、これから治療を検討され、どの治療を行うか迷っている方はいませんか?ここでは、こ...

続きを読む ≫

歯を失う多くの原因は虫歯や歯周病▲インプラント治療になった場合の費用インプラント治療に至る理由は、虫歯や歯周病などで歯を失ったことによるものがほとんどです。このような場合、健康保険...

続きを読む ≫


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 丹野 努 院長先生(丹野歯科医院)に一日密着取材
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材