色々な治療と比べて



歯を失った場合の治療法には、主なもので、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの治療法があります。これらは、歯を失った場所や、本数などによっても治療ができない場合があります。この3つの治療法について、それぞれのメリット・デメリットをみてみましょう。


●入れ歯●
<メリット>

・歯がたくさん無くなった場合にも対応できる
・健康な歯を削る必要がない
・保険治療を行う事ができる
 (保険外の入れ歯もあります)
<デメリット>

・取り外して手入れをする必要がある
・異物感がある
・固い物が咬みにくい
・発音がうまく出来ない場合がある
・あごの骨がやせる場合がある



●ブリッジ●
<メリット>

・固定式なので、違和感が少ない
・天然の歯と同じ様に自然な仕上がりになる
・保険でも治療を行う事ができる
<デメリット>

・歯を削らなければならない
・支えになる歯への負担が大きい



●インプラント●
<メリット>

・固定式なので違和感が少ない
・見た目の上で自分の歯と同じ様に見える
・他の歯を削る必要がない
<デメリット>

・外科手術が必要
・構造上、清掃が困難になる場合がある
・保険外の治療である




どの治療法にもメリット・デメリットがありますし、どれが良い悪いというわけではありません。

歯を失った場合の治療法として、どのような治療法があるのか、また、その治療法の特徴などを担当の歯科医とよく話し合って、充分に理解した上で、自分が納得できる治療法を選択しましょう。


決して値段で決めないでくださいね!
一生付き合っていく歯を見つけるつもりでよく考えましょう。



タグ:
メリットデメリット

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材