大事な治癒期間

Qインプラント手術をしたらすぐに元のとおりの歯になりますか?

A手術をした部分が治る期間が必要です。
この時オーラルケアをしっかり行うことが必要です。

実は大事な治癒期間

1回法、2回法ともに、治癒期間は必要となります。

インプラントのデメリットとしてもあげられるのがこの治癒期間の長さです。でも、これはとても大切なことなのです。

インプラントは言ってしまえば骨に金属を埋め込んでいます。
何故そんなことが可能かというと、骨となじみやすい金属(チタン)を使っているからですが、これはインプラントを入れただけでは終わりません。

じっくり時間をかけて、骨とチタンが結合するのを待たなくてはいけないからです。


▲ 治療にはおおよそ3ヶ月は期間が必要になります

本当に骨とチタンが結合するのか、と驚かれる方も居ますが、実際確認がされています(これを「オッセオインテグレーション」といったりします)。
この結合がうまくいってはじめてインプラントは成功だといえます。

通常手術を受けた後に、チタンによる拒否反応が起こることはほとんどありませんが、歯磨きをおこたったり、喫煙など口腔内の環境を悪化させたり、強い力がかかると、やはりインプラントは骨ときちんとくっつかず、失敗してしまうことになりますので、気を抜かないようにしましょう。
逆にこの期間を利用して、オーラルケアの習慣をつけるのも良いでしょう。

期間は使用したインプラントや手術方法など、治療によって異なりますがおよそ3ヶ月程度必要となります。

その間は口腔内を清潔に保つことが必要となります。


▲ インプラントが骨と結合するには、じっくりと待たなくてはなりません

タグ:

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材