無歯顎のばあいのインプラント

All-on-4とは

「オールオンフォー」と読みます。
歯を全て、あるいはほとんど失ってしまったため、今までは総入歯しか主な治療法の無かった患者さんにに対して行う治療です。

もしかして、無くなった歯の分、全てインプラントを入れるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

実際入れるインプラントはそれぞれの顎に必要最低限の4本〜6本だけです。
その数本のインプラントに、全ての歯がくっついた形の入ればの様なものを装着するのです。形は少し総入れ歯に似ているかもしれません。

入れたインプラントの上に 、日常生活に必要な前歯から奥歯までの12本の人工歯を支えようというものです。通常は1本の歯に1本づつインプラントが必要ですから、普通のインプラントに比べて、埋め込む本数がとても少ないことがわかるでしょう。

埋め込むインプラントの本数が少ないということは、普通のインプラント治療と比較して、

・身体にかかる負担が非常に少ない
・手術費用が少なくすみ、経済的である

という大きなメリットがあります。さらに、手術のその日からに簡単な食事や会話をすることができるようになるのもメリットのひとつです。

このように、総入歯と比べてとてもメリットが大きい治療方法がオールオンフォーなのです。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材