大事なメインテナンス

Q手術後の医院でのケアは高いんでしょうか
A大体の治療が保険適応内ですので、高額になることはないと思います。また定期検診は必ず必要ですので、積極的に行きましょう

セルフケアとプロフェッショナルケア

自分の家で出来るセルフケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルケアが、インプラントの手術後、長く持たせるためにとても重要になってきます。

セルフケアとしてはやはり歯磨きがあげられます。
普段から習慣が無い人や、毎日は磨きをしているけれど虫歯になる人など様々だと思います。
歯磨きにおいて重要なのは歯垢(食べかすなどによる汚れや歯石。歯石は歯垢が固まったもの)を残さないことです。
またインプラントは歯の形(覚えましたか?歯冠、クラウンですね)の下にも隙間がありますので通常の歯磨きよりも丁寧にケアを行うことが大事になります。

とはいっても特別に手間がかかることを毎日するのは大変ですよね。

歯磨きとフロス

通常の歯ブラシを使うほかに、歯間ブラシやデンタルフロスという、歯の間や歯周ポケットを掃除するグッズがあります。これをつかって歯垢を取り除くのです。

少しずつ習慣つけていきましょう。


▲ メインテナンスに歯間ブラシやフロスは必需品です。

 

少し注意をしなくてはいけないこととしては、インプラントを行っている人は金属を使った歯冠ブラシを使えないということです。ゴムのみを使用したものや、金属の部分をプラスチックでコーティングしたものなどもありますし、歯科医院でも売ってますので、チェックしてみましょう。

こうした自己のオーラルケアによって歯周病、歯槽膿漏を予防します。
歯槽膿漏になると、歯茎が炎症を起こして歯を支えていた骨が痩せてインプラントが抜けてしまうことがありますので、ケアをなるべく怠らずに習慣付けて行きましょう。

定期検診に行こう!

手術が完了しても、インプラント治療はまだ終わりません。

骨の中に埋め込んだチタンと骨との結合はまだ続いているからです。治癒期間も設けますが実際骨がしっかりと固まっていくには長い時間がかかるのです。

特に最初の一年は3ヶ月に一度程度のペースで検診を受けに行きましょう。

検診では、骨とチタンが無事に結合しているかを調べます。
レントゲンを撮ったり、口の中の衛生状態を見るほか、インプラントの部分がうまくかみ合わせが出来ているかなどもチェックしてもらいます。

頻繁に医院に行くことで、万が一異常が発見されてもすぐに処置を出来ますので、インプラントがぐらついたりぬけたりする最悪の状態は避けることが出来るはずです。

けれどそれも習慣が無かったり、忘れてしまったりすることがあります。
全ての医院ではないと思いますがリコール葉書というのを出してくれることがあります。
このリコール葉書というのは医院からの定期検診の案内です。決して商売のためではなく、患者さんの歯の事を考えて出してくれる葉書ですので、もしも届いたら予約をして必ず医院へ行きましょう。





治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材