All-on-4(オールオンフォー)はどんな人に向いているの?

All-on-4ってなに?

All-on-4のイメージ
▲All-on-4のイメージ

All-on-4[All-on-4]は、総入れ歯の方や、残っている歯を保存することが難しい方に適したインプラント治療です。従来であれば、失った歯の数だけインプラントを埋め入れますが、All-on-4は、歯が1本もない状態の顎でも、4本のインプラントをバランスよく埋め入れることで、10〜12本の固定式の人工歯を支えることができます。
そのため、従来の治療法に比べて外科手術による身体への負担が軽減されるだけでなく、費用も抑えることが可能です。

All-on-4が向いている人

All-on-4は下記のようなお口の状態の方に対して、治療が可能です。
  • 総入れ歯をお使いの場合
  • 残っている歯のほとんどが、虫歯のために歯根まで大きく欠けている場合
  • 残っている歯のほとんどが、歯周病のために歯が大きく揺れている場合

このように、「歯が1本も無い状態」だけではなく、「ほとんどすべての歯が治療をしても残すことが難しい状態」の方でも、インプラントを埋め入れる前に抜歯を行うことで、All-on-4が可能になることもあります。また、手術のその日に仮歯が入るため、すぐに固定式の歯が必要な方にも向いています。

All-on-4と従来の治療法の比較

同じようなお口の状態の方が「All-on-4」と「従来の治療法」で治療をした場合、どのような違いがあるのか、メリットとデメリットとを比較してみましょう。

■従来のインプラント治療の場合
All-on-4イメージ
▲従来の
インプラント治療
【メリット】
  • 機能する天然歯(自分の歯)は、抜歯せずに残すことができる
  • All-on-4よりも治療できる対象が広い

【デメリット】
  • 8〜10本のインプラントで人工歯を支えるため、費用がかかる
  • 外科手術の範囲が大きいので、手術時間が長く、身体への負担が大きい(痛みや腫れなどがでやすい)
  • 骨の量が少ない場合は、骨を増やす治療(サイナスリフト骨移植など)が必要となり、さらに費用と治療期間と身体の負担がかかる
  • 手術後に入れ歯を使用しなければいけない場合もあり、食事や会話に支障が出ることもある
■All-on-4の場合
All-on-4イメージ
▲All-on-4
【メリット】
  • 4本のインプラントで人工歯を支えるため、費用が抑えられる
  • 外科手術の範囲が小さいので、手術時間が短く、身体への負担が軽い(痛みや腫れなどがでにくい)
  • 骨の量が残っていることが多い前方の顎の骨にインプラントを埋める術式なので、骨を増やす治療を行うことなく治療できる可能性が高い
  • 手術後すぐに人工の歯を固定できるので、食事や会話に支障が出にくい

【デメリット】
  • 天然歯(自分の歯)が無い顎にしか施術できず、機能する歯が残っていても抜歯が必要
  • お口や身体の状態により、受けられない場合がある(治療できる対象が限られる)
このようにAll-on-4の治療では、すべての歯がない状態の方がインプラント治療を受ける場合でも、費用を抑えながら身体への負担を最小限に減らすことのできる治療法です。
ただし、All-on-4は、すべての歯科医院で受けられる治療ではありません。また、お口の状態によって、治療ができない場合もありますので、歯科医師に相談しましょう。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材