デンタルインプラントとは

デンタルインプラントってなんのこと?

骨折した骨

インプラントとは?

医療目的として体に埋め込む器具のことを総称してインプラントとよびます。インプラントは体の骨にひびが入ったり、骨折をした際に骨を支えるために使用するボルトや、リュウマチでまがった骨を正常の位置に戻す際に使用する矯正用のボルトなどがあります。

デンタルインプラント
▲デンタルインプラント

インプラントとよばれるものの中で、失った歯を治療するために歯根の代わりに顎の骨に埋め込むチタン製の歯根のことを『デンタルインプラント』とよんでいます。一般的に省略してインプラントとよばれることがほとんどです。人工歯根、口腔インプラント、歯科インプラントなどのことを指してよぶ場合もあります。

デンタルインプラントについてもっと詳しく知りたい方はコチラ
>>インプラントとは?
>>インプラント治療のメリット
>>インプラント治療のイメージ

デンタルインプラントの特徴

デンタルインプラントは、歯を失った部分の顎の骨にドリルで穴を開け、歯根の代わりとなる、チタン製のインプラントを埋め込み、その上に人工の歯を取りつける治療です。ブリッジや部分入れ歯に比べ、外科手術を伴うものですが、他の歯へ負担をかけることなく治療ができます。

部分入れ歯
▲部分入れ歯
ばねを掛けた歯が
数年でぐらつき始め
ばねを掛けた歯も
抜歯をすることになる
ブリッジ
▲ブリッジ
両隣の歯を
削らなくてはならず
削った隣の歯も
悪化させる可能性が高い
インプラント
▲インプラント
他の健康な歯を
傷つける必要がなく
負担もかからない


デンタルインプラントのメリット

  • 他の歯に負担をかけない
  • 天然の歯と同様の見た目に近づけることができる
  • しっかり固定されるので、歯を失った部分の顎の骨が痩せる心配がない
  • 異物感や違和感がほとんどない
  • 入れ歯の場合、固定できるため、噛む機能を取り戻すことができる
  • お口の中で動きやすい入れ歯と比べて、発音に支障がでることが少ない

デンタルインプラントのデメリット

  • インプラントを埋め入れる外科手術を伴う
  • 他の治療と比べ、治療期間が長い
  • 保険が適用されないため費用の負担が大きい
  • 重度の内科疾患や心臓病、糖尿病、高血圧、骨粗しょう症を抱えている方は治療が難しい
  • 治療後、定期的にメインテナンスに通う必要がある

【デメリットについてもっと知りたい方はこちら】
>>保険診療と自由(保険外)診療について
>>インプラントが困難な症例

全身状態に問題のない方は、口腔内や顎の骨の状態を歯科医師に診察してもらい、インプラント治療を選択肢の一つとして増やせるか、確認してみてはいかがでしょうか。ただし、デンタルインプラントのメリット・デメリットを十分知った上で、検討することをお勧めいたします。



タグ:
特徴メリットデメリット

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材