入れ歯・ブリッジ・インプラントのメリット/デメリット

入れ歯にしたとたんに食事がおいしく無くなってしまったり、自分が突然歳をとってしまったかのように感じられる方は多くいます。噛めないということは体に対する負担はもちろんですが、何より心への負担も大変大きなものです。入れ歯を何でも咬めるように作るのは容易なことではありません。歯茎との間に物が挟まれば、痛くて硬い物など食べれませんし、お餅のような粘着質のものは食べ物にくっついてしまって外れてしまったりします。
ここでは、入れ歯・ブリッジ・インプラントを比較しながら自分に合った治療法を探しましょう。>

  • 入れ歯・ブリッジとインプラントの治療法の違い → 歯を失ってお悩みの方へ
  • 他の歯への負担

    部分入れ歯
    ▲部分入れ歯
    ばねを掛けた歯が
    数年でぐらつき始め
    ばねを掛けた歯も
    抜歯をすることになる
    ブリッジ
    ▲ブリッジ
    両隣の歯を
    削らなくてはならず
    悪化させる可能性が高い
    インプラント
    ▲インプラント
    他の健康な歯を
    傷つける必要がなく
    負担もかからない


    見た目の違和感

    入れ歯の場合
    バネが見えるとすぐに入れ歯とわかってしまう。口を開けると上の入れ歯が落ちることもある。
    ブリッジの場合
    見た目の違和感は少ない。セラミックを使用すればさらに綺麗な仕上がりになるが、インプラントと同じく保険外になる。
    インプラントの場合
    天然の歯とほぼ変わらない。最終的に被せる人工の歯にセラミックを使用すると、とても自然で綺麗な仕上がりになる。

    噛む力

    入れ歯の場合
    部分入れ歯なら天然の歯の30?40%、総入れ歯なら10?20%。
    ブリッジの場合
    天然の歯の約60%程度(ただしブリッジをかける歯の状態による)
    インプラントの場合
    天然の歯とほぼ同じ。

    噛み心地

    入れ歯の場合
    噛む力が非常に低いため、食べ物は事前に小さく切っておかなくてはならない。また、ガムやお餅などのくっつきやすい物は非常に食べにくい。噛みあわせる時に痛みが有る場合がある。
    ブリッジの場合
    支えになる歯に問題が無く、適切に作製されていれば、噛み心地は天然の歯とそれほど変わらない。
    インプラントの場合
    ほぼ天然の歯と同じ噛み心地。

    味覚

    入れ歯の場合
    熱を感じにくいため、味を感じにくい。総入れ歯などでは全体が歯茎で覆われているため、さらに味が感じにくい。
    ブリッジの場合
    特に天然の歯と変わらない。
    インプラントの場合
    特に天然の歯と変わらない。

    顎の骨の吸収

    骨の吸収

    入れ歯の場合
    歯を失った部分から『骨吸収』が始まり、顎の骨がやせていく。
    ブリッジの場合
    こちらも同様に歯を失った部分から骨吸収が起こる。
    インプラントの場合
    骨吸収を防ぐ。顎の骨が痩せない。

    治療期間

    治療期間

    入れ歯の場合
    単純なものなら短期間で済む。
    ブリッジの場合
    単純なものなら短期間で済む。
    インプラントの場合
    単純なブリッジや入れ歯よりは治療の期間がかかります。
    ですが、治療の回数はそれほどかわりません。
    ただし、骨の状態のいい方なら即時荷重を行えばその日に歯を入れることもできる。

    治療後の問題点

    入れ歯の場合
    歯ぐきは柔らかく変化しやすいため、時間が経つと合わなくなることが多くある。その度に調整が必要。
    ブリッジの場合
    こちらも歯茎の状態によっては作り直しになる場合がある。隣の歯を削らなくてはならず、削った歯が虫歯になってしまうと全てやりなおさなくてはならない。
    インプラントの場合
    一度インプラントと顎の骨が結合すると、非常に安定性がよく、歯周病に気をつければとても長持ちする。

    耐用年数

    入れ歯の場合
    約7?8年。歯茎がやせて合わなくなっていくことが多い。
    ブリッジの場合
    平均8年程度と言われる。ただし、顎の骨のやせかたにより変わる。
    インプラントの場合
    お手入れを怠らなければ約30年でももたせることが可能。歯周病に気をつける必要がある。

    費用

    費用が高い

    入れ歯の場合
    保険適用のため、安価。
    ブリッジの場合
    保険適用範囲内なら安価。
    しかし見た目を良くしたい場合は保険外になる場合がある。セラミックの歯を入れる場合がこれにあたる。
    インプラントの場合
    最先端治療のため保険外。
    費用は他の治療に比べると高くなる。