レーザーを使ったインプラント治療

歯科用レーザーは水分に反応し、すばやく吸収されるため、組織の損壊が少ないのが特徴です。
歯科治療においても、その特性を生かして、「治療部位の軟組織の切開・蒸散・滅菌、そして治癒促進」を目的に用いられています。
歯科用レーザーには様々なタイプのものがありますが、インプラント治療に応用するレーザーは主にCO2レーザーになります。
治療時には症状に合った種類のレーザーを使い分けます。

インプラント治療時のレーザーによる処置と効果について

インプラントの周囲の歯肉・軟組織の滅菌、止血、治癒促進の為にレーザーを用います

レーザーによる処置と効果

■インプラント術前に使用する場合
インプラントを行う部位周辺の軟組織の状態が良好でない場合、その治療・改善に歯科用レーザーを使用します。レーザーでインプラントの土台となる周辺組織の状態を良好にして、安全な状態でオペを行えるようにします。
■インプラントオペ時に使用する場合
オペ時にレーザーによる切開を行います。特にCO2レーザーは、切開と同時に表面を熱凝固させていくので、出血が少なく、凝固した層による被膜が、術後の感染防止や刺激の遮断に有利に働きます。また、レーザー光による熱殺菌効果で、処置を行った部分を清潔に滅菌することができます。レーザーの遠赤外線効果によって毛細血管・組織を活性化させることで、傷の治癒を早める効果もあります。
■インプラント術後・メンテナンス時に使用する場合
インプラント術後の抜糸時や2次オペの際などにレーザー照射によってタンパク質を変性させることで、消炎・鎮痛効果が期待できます。CO2レーザーは軟組織のマネンジメントにも適しており、インプラント周囲の軟組織が炎症を起こさないようする予防・メンテナンスの効果も利点の一つです。長期的に良好な状態を保つために、歯科用レーザーを用いたインプラントのメンテナンスは力を発揮すると言えます。
レーザーは、医学分野では「光学治療」と呼ばれ、患部の切開・蒸散・滅菌にとどまらず、悪性腫瘍の治療、網膜の再生治療、皮膚の再生治療など、新たな治療法で担う役割の研究も進められています。歯科の分野においても研究が活かされ、治療ツールとして使えるレーザーの種類が豊富になってきています。

医療法人社団銀座清河会 銀座池渕歯科 理事長 : 池渕 剛先生
資料提供
医療法人社団銀座清河会 銀座池渕歯科
理事長 : 池渕 剛先生


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材