インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療について

インプラントは、歯周病や外傷などにより歯を失ってしまった場合、その機能を補う方法として有効な処置のひとつです。
治療法としては、失ってしまった自分の歯のかわりに人工の歯根を顎の骨に埋め入れ、その上に人工の歯(被せ物)を取り付けることで噛み合わせを回復いたします。

従来はブリッジや入れ歯など、残った他の歯に力や機能の分担をしてもらう方法が一般的でしたが、インプラント治療は、固定性であるためガタついたりせず、従来の自分の歯のように噛める力が回復します。見た目も元の健康な歯に近くなります。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリットとデメリットをまとめました。
治療
方法
ブリッジ (部分)入れ歯 インプラント
概要 失った歯の左右の歯を削り、そこに橋を架けるように義歯(人工の歯)を作ります。基本的には3本が1セットです。 歯を失った部分の型を取り、それに合う人工の歯とピンクの床を作り、それ自体をバネで自分の残歯に引っ掛けます。 専用のドリルで歯槽骨【しそうこつ】(顎の骨の中でも特に、歯を支えている部分)に穴をあけ、そこに人工歯根を埋め込み、その上にセラミックでできた人工の歯を装着させます。
イメージ
良い点 固定式であるため、装着しても違和感があまりありません。

人工の歯の素材を選択することにより天然の歯に近い、審美的な修復が可能です。
ブリッジでは適応できないような大きな欠損(歯がない部位)に有効です。

ブリッジのように健全な歯を削らずに補えます。(削る替わりにバネで固定する場合もあります。)
顎の骨にしっかり固定するので、違和感がなく噛むことができます。

噛む力を回復することが出来るので、固いものを噛むことが出来るようになります。

隣の歯を削る必要がありませんし、見た目が元の健康な歯に近くなります。

良く噛めることは全身的にも、周囲の健康な歯にもよい影響を与えます。
留意点 ブリッジを支え、固定するために、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要があります。

支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失う原因となる場合があります。

ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部と歯肉との間の部分に食べ物がつまり、口の中が不衛生になりやすくなります。

空気がもれて発音が困難になることがあります。
バネによる隣の歯への負担が大きく、噛む力が健康な状態より衰えやすくなります。

すぐにガタつきやすく取り外して手入れをする必要があります。

口の中に違和感を持ちやすくなります。

食物が挟まって口の中が不衛生になりやすくなります。
インプラントを顎の骨に埋め入れる手術が必要です。

全身の疾患がある場合には治療ができない場合があります。

インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。
治療費用 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内です。

使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もあります。
保険適用材料を使用する場合はその保険点数内です。

使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もあります。
インプラントは保険適用外であるので自由診療となります。

手術の難易度、埋め入れ本数等により必要な費用が算定されます。
ながさか歯科クリニック 院長 長阪 信昌先生
資料提供
ながさか歯科クリニック
院長 : 長阪 信昌先生


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材