トランスプラント(移植)とインプラントの違い

人工物でありながら天然歯に近い治療法

歯と歯の根を失ったところに「歯を作る」。それって移植のこと? そんな印象を受けるかもしれません。でも、インプラント治療と移植手術は少し違います。
失われた歯の場所に、歯根の代わりになる人工の歯根(インプラント)を埋め込み、 その上に人工の歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。
インプラントには、医学用語で「植立する」という意味があります。 インプラントは「第二の永久歯」と喩えられるほど、機能的にも、見た目にも、天然の歯に近いといわれており、 最近ではインプラント治療を受ける方が急速に増えています。

トランスプラント(移植)

最近話題になっている心臓移植や肝臓移植は、ドナーという臓器提供者がいて初めて成り立つものです。それを医学用語でトランスプラント(移植)と言います。

インプラント

一方、インプラントとは生体にとって無刺激・無毒で、 体に適応しやすい性質(生体親和性)の人工的なものを、その臓器の代わりに使うことです。 例えば、人工腎臓や人工関節などが、それにあたります。歯科インプラントも同じように歯の根の代わりをする金属(チタン)などの人工材料を利用しています。


治療前

治療後


治療前

治療後

タグ:
比較移植

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材