インプラントの治療イメージ (様々なケースおける治療法)

前歯を1本失った場合

従来の治療法(ブリッジ)は欠損した両側の健康な歯を削る必要がありましたが、インプラントであれば健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現することができます。
前歯を1本失った場合
インプラントとブリッジの違いについて
 width= インプラントとブリッジの違い【動画(フラッシュ)】(インプラントとブリッジの治療の流れ)

奥歯を失った場合

従来の治療法(部分入れ歯)は、金属の止め具を使用しているために違和感があったり見た目も良くありませんでした。しかしインプラントであれば、止め具などを使用しませんので違和感もありません。何よりしっかり固定されているので固いものを食べてもグラグラすることがありません。
奥歯を失った場合
インプラントと入れ歯の違いについて
 width= 従来の治療とインプラントとの違い (インプラントにするとこう変わる)
 width= インプラントと入れ歯の違い【動画(フラッシュ)】(インプラントと入れ歯の治療の流れ)

全ての歯を失った場合

従来の治療法(総入れ歯)では、入れ歯がズレたり食べ物が内側に入って痛くなることがありましたが、インプラントであれば入れ歯のように外れたり、ズレたりすることがないため、ご自分の歯のようにしっかりした噛みごこちで、安心して食事を楽しむことができます。
全ての歯を失った場合
▼総入れ歯を安定させるためのインプラント治療法もあります。
総入れ歯を安定させるためのインプラント治療法
この場合、インプラントを入れても、取り外しの義歯となります。 インプラント同士をバー状の維持装置で連結し、 その上に取り外し式の入れ歯を装着することにより、入れ歯をしっかりと 固定します。 インプラント自体は骨に直接埋込むため、動く事はありません。 「はずれない・噛みやすい・違和感が少ない」ことが特長です。
入れ歯には問題ないが噛む力が弱い場合、入れ歯がすぐに浮いてしまう場合、インプラントの本数を少なくしたい場合などに有効な方法です。
また、インプラントとマグネットを利用して入れ歯を固定する方法もあります。
院長イメージ
資料提供
ピュアデンタルクリニック 新大江歯科診療所
院長 : 菅鉢 孝治


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材