インプラント治療の費用を抑えるために(1) 早めの受診を!

インプラント治療は原則として保険が適用されない自由診療による治療のため、治療費はすべて自己負担しなければなりません。少しでも治療費用を抑えたい場合には、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。

何らかの症状を持った歯を放置すると?

歯に何らかの症状を持った女性

現在、「歯が痛む」、「歯磨きの時に血が出る」、「歯を失った」などの症状をお持ちの方はいませんか?または、「いずれインプラント治療をするつもりだから、今よりも症状が進んでから歯科医院へ行こう」とお考えになっている方はいませんか?


歯に何らかの問題を持ちながらも放置してしまった方がインプラント治療を受ける場合、インプラントを埋め入れる手術を行う前に、別の治療をしなくてはならない可能性が出てきます。では、どのような治療が必要になってくるのでしょうか。

■「歯が痛む」、「歯磨きの時に血や膿が出る」などの症状を放置した場合
虫歯や歯周病
▲虫歯や歯周病

主に虫歯や歯周病に侵されていると考えられますが、これらは自然治癒することはありません。放置したことで、炎症が進むと、やがて歯を支える顎の骨が痩せて(吸収して)しまうことが考えられます。

抜歯をし、インプラント治療を行う際には「顎の骨が痩せた場合の治療」が必要となり、さらに治療費がかかることが考えられます。

■「歯を失った」まま放置した場合
失った歯を放置した場合
▲失った歯を放置した場合

歯を失ったままで放置しておくと、「噛み合う歯が伸びる」、「抜けた歯の左右の歯が倒れてくる」など、噛み合わせや歯並びのバランスが崩れます。

このような方がインプラント治療を受ける場合には、「噛み合わせや歯並びのバランスが崩れた場合の治療」が必要となります。また、顎の骨がどんどん痩せていく傾向にありますので、この場合に「顎の骨が痩せた場合の治療」が必要となり、さらに治療費がかかることが考えられます。これは、きちんと調整をしていない入れ歯を使い続けている場合にもみられる症状です。

顎の骨が痩せた場合の治療

薄くなった歯槽骨
▲薄くなった歯槽骨

インプラント治療では、顎の骨に埋め入れたチタン製の人工歯根を支えるために、十分な骨の厚みが必要となります。その場合は、骨を増やす手術(ボーングラフト)を事前に行うか、インプラントを埋め入れると同時に骨を増やす手術を行う必要があります。

上顎の奥歯に症状を抱えている方は…

上顎は下顎と比べると元々骨が薄いうえに、上顎の奥歯の上には、「上顎洞」という骨の空洞が存在します。上顎の奥歯に症状がある方は、骨が痩せていく前に、早めに受診されることをお勧めします。上顎の骨を増やす処置が必要となった場合は、局所的に薄ければ「ソケットリフト」、広範囲で薄ければ「サイナスリフト」となり、その治療範囲が大きくなればなるほど、さらに費用がかかることが考えられます。

噛み合わせや歯並びのバランスが崩れた場合の治療

噛み合わせや歯並びのバランスが崩れた方がインプラント治療をした場合には、インプラントに取り付ける人工歯(被せ物)のスペースが、狭くなっていることがあります。その際は、周囲の歯を削り、噛み合わせや歯並びのバランスを整えますが、削る大きさによっては、歯の神経を抜く処置が必要となることもあり、放置する期間が長ければ長いほど、周囲の歯に大きな負担をかけることになりかねません。
また、インプラント治療後には、自分の歯と被せ物の境目に汚れが溜まりやすいため、きちんとブッラシングをしなければ、虫歯や歯周病になりやすくなることが考えられます。

費用を抑えるために大切なこと

歯に起こる何らかの症状を放っておくと、治療の範囲が広くなることで、費用の負担がより多くなるだけでなく、身体や周囲の歯に負担をかけたり、治療期間を余計に要することにも繋がります。何か症状があれば早めに受診をして最小限の治療で済むようにしましょう。かかりつけ医が決まっていない場合は、インプラント治療の無料相談会や無料説明会を開催している歯科医院もありますので、利用されてみてはいかがでしょうか。