インプラントとブリッジの治療法の違い

歯を失った本数が少ない場合、かつてはブリッジが一般的でした。ブリッジは、失った歯の両隣を削り、連結した上部構造を作ります。インプラントでは両隣の歯を削ることなく、失った歯の機能を回復する事ができます。

インプラントとブリッジの治療の流れ(Flash)

操作方法:それぞれの治療項目をクリックし、
〔PLAY〕ボタン・ 〔NEXT〕ボタンをクリックして下さい。

治療期間

インプラント インプラントが骨と結合するのに上顎で4?6ヶ月下顎で2?4ヶ月かかります。手術直後から仮歯を入れる事ができるので、見た目には支障がなく、固いものでなければ通常の食事ができます。
ブリッジ 印象採得(型どり)をした後、歯科技工所でブリッジを作成します。ブリッジができあがったら、かみ合わせの調整を行い装着します。
型どりから装着までおおよそ1?2週間です。

隣接歯への影響

インプラント 単独構造なので、両隣の歯を削ったりする事はありません
また、万が一将来両隣の歯を失っても既に入れたインプラントの作り直しは行いません
ブリッジ 両隣の歯がたとえ虫歯のない健康な歯であっても、削ってブリッジの土台とします。削る範囲が広い場合には、抜随(神経を抜く事)が必要になります。
将来両隣の歯が駄目になってしまうとブリッジ全体を作り直す必要があります。(場合によってはブリッジでの修復が不可能になるので、入れ歯となります。)

噛み心地

インプラント 咀嚼(噛む事)するときに支えとなる歯根部分をインプラント部分で補うので、噛む強さは天然の歯と変わりません。また、露出している装置部分がないので噛み心地も天然の歯と変わりません
ブリッジ ブリッジを被せるので、ほとんど天然の歯と変わらない噛み心地を得られます。しかし、噛んだときの力が細く削った土台部分に集中するため、土台部分が力に耐えきれず将来的に駄目になる可能性があります。

費用

インプラント 保険が適用されず、自由診療となります。
自由診療の場合、クリニックによって費用は異なりますが、1本あたりおおよそ40万円前後となります。(上に被せる技工物(上部構造)の材質によっても異なります。)
ブリッジ 保険適用のブリッジ自由診療のブリッジを選択できます。
保険のブリッジは、奥歯の場合は金属(金銀パラジウム合金など)、前歯の場合は金属とレジンでできたブリッジとなります。自費のブリッジは、ゴールドなどの金属の他、より天然の歯に近い見た目のセラミックを使う事ができます。セラミックの場合は、約30万円ほどかかります。

Flashムービーをご覧頂くために

Flashファイルをご覧頂くには、Flashプレーヤーが必要です。
Flashが再生されない方は、左のボタンをクリックしインストールして下さい。


タグ:
治療法ブリッジ比較

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材