インプラントとブリッジ、入れ歯の治療比較

インプラントは第二の永久歯として、世界中の多くの方が受けている治療法です。
今ではごく一般的な治療法となり、安全性も確立されてきました。
ここでは「インプラント」と、「ブリッジ」「入れ歯」の治療の違いをご説明いたします。

インプラント

人工歯根となるインプラント体を歯槽骨(歯を支えている骨)に埋め込み、人工歯の支台となる部分を載せ、その上に人工の歯を被せ完了です。審美的にも違和感なく、まるで自分の歯のように気持ちよく噛む事ができます。術式には一回法二回法があります。

ブリッジ

両隣の歯を健康的であっても削り、土台としてその上にブリッジを被せます。ブリッジの場合、土台にした両隣の歯に負担がかかり、手入れを怠ると両隣の歯まで共倒れとなってしまいます。

入れ歯

保険適応の比較的安価なものから高価なものまで幅広くあります。
一般的な入れ歯の場合、バネが目立つ、手入れが大変、口の中で違和感を感じるといった場合があります。

資料提供
ピース歯科クリニック
院長 : 長尾 泰好

タグ:
治療法入れ歯ブリッジ比較

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材