二回法用と一回法用のインプラント体

インプラントシステムの種類は、大別して2つ

 width=
▲インプラントの構造

連結インプラント(2ピースタイプ)

二回法の手術に用います。
※二回法手術について、詳しくはこちら≫

インプラントは、「アバットメント」と「フィクスチャー」の2つの部品で構成されています。

長所
・ほとんどのケースで適用できる。
・マグネットデンチャーに対応できる。
・前歯部にインプラントをするとき、方向の修正ができる。
短所
・アバットメントを付ける手間がかかり、術式がやや複雑になる。
という点などが挙げられます。
 width=
▲スクリュータイプ
インプラント

一体型インプラント(1ピースタイプ)

一回法の手術に用います。
一回法手術について、詳しくはこちら≫

アバットメントとフィクスチャーが一体化した構成です。

長所
・ネジの緩みの心配がなく、強度に優れている。
・早期に仮歯が入り、噛めるようになる。
短所
・人工歯の形態を取り替えることができない。
・人工歯との連結部分への清掃性が2ピースタイプに比べて、あまり高くない。
という点などが挙げられます。
2009年現在、日本国内で使用されているインプラントシステムは30種類以上あり、それぞれが特徴を持っています。長所・短所も様々なため、一人の患者様に対して単一のインプラントシステムだけで治療を行うのではなく、各症例にあったインプラントを選択する場合もあります。


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材