入れ歯・ブリッジではなくインプラントにする理由とは?

インプラントのメリット

インプラントは手術でチョット怖い。しかも価格表を見てビックリ!決して安くはありません。
「今はブリッジや入れ歯の機能が進歩していると聞くし…。何も高いインプラントにすることはないんじゃない?」
そう思う患者様は少なくないと思います。なのにインプラントが普及した理由とは?
入れ歯やブリッジと比較してみてインプラントのメリットを確認してみましょう。

入れ歯との比較

天然歯とほぼ同じように食べられる

入れ歯はインプラントと比較して、治療が簡単で費用も安く済みます。
けれども、入れた後が大変です。装着しているときに、お口の中に違和感があったり、固いものが噛みにくい、それにお手入れは専用の薬品を買わなければならなくて面倒・・・そんな悩みを耳にしたことはありませんか?
それに比べて、インプラントは口の中に物があるという違和感がほとんどなく、ほとんど天然の歯の感覚で噛んで食べられます。インプラントは天然歯とほぼ同じように機能するため、入れ歯で感じる不満の多くが解消すると言われています。

入れ歯の治療イメージ

 data-mce-src=
▲入れ歯は金具などで固定せねばならず
見た目や装着感に違和感が…。

ブリッジとの比較

健康な歯を守る

ブリッジは入れ歯のような違和感や不快感が少ないと言われていますが、ブリッジを支える両隣の健康な歯を削らなければならないという大きな欠点があります。健康な歯を削る、というだけでも歯には負担がかかりますが、さらに物を噛むことでブリッジの支柱となる両隣の歯には相当な圧力と負担がかかってしまいます。ブリッジの支柱となる歯が将来的に残存する確率はグンと下がってしまうことでしょう。
比べて、インプラント治療は、周囲の健康な歯を削ったり傷つけたりする必要がありません。

ブリッジ治療イメージ

 data-mce-src=
▲ブリッジは健康な歯を削って固定します。

インプラント治療の注目ポイント

骨と歯肉を守る

上で比較したことのほかに、入れ歯やブリッジでは歯を失った部位のアゴの骨が1年に平均1mmも痩せてしまうという問題もあります。顎の骨は適度な圧力がかからないと退化して痩せてしまうため、歯並びが悪くなるなどの症状が出てしまいます。歯並びが悪くなると、アゴ周りの外見がガラリと変わり老けた印象になったり、歯並びが悪くなることで磨き残しが増えてお口の環境が悪くなってしまいます。
インプラント治療では人工の歯根を骨に直接埋め込むため、天然歯がある状態と同じように骨に圧力がかかります。そのため、骨が痩せてしまうこともなく良好な歯肉を保つことができるのです。

インプラントの治療イメージ

 data-mce-src=
▲インプラントは、歯ぐきにチタン製の歯根を埋め込むため
見た目に影響を与えにくく、健康な歯を削る必要もありません。

いかがでしたか?インプラントは様々なメリットがあります。健康な歯をできるだけ多く・長く残して快適な生活を送りたい。幾つになっても美味しいものを良く噛んで味わいたい。そんな願いは誰もが持つことだと思います。一度失った天然の歯は戻っては来ませんが、インプラントでもう一度「健康なお口で、ものを噛む」という充足感を味わってみませんか?

タグ:
メリット入れ歯ブリッジ比較

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材