差し歯とインプラントの違い

差し歯とインプラントは別の治療法です

インプラントと天然歯
▲インプラントは根も人工物です

差し歯について

インプラントネット相談室に、たびたび「差し歯とインプラント」の違いについての、ご質問を頂戴します。結果からいうと、差し歯とインプラントは全く異なる治療法です。

差し歯は、歯の上の部分が虫歯などで失われても、残った歯の根の部分に金属やプラスチックでできた土台を入れて被せ物をする治療のことです。自分の歯の根を残せることが利点ですが、保険適用で広く使われている金属製の土台は、入れた歯を破折(亀裂をいれて折ってしまうこと)させてしまう原因になってしまうこともあるようです。比較的体に優しい土台もありますが、これは保険適用外で自費診療であるために価格が高くなってしまう傾向にあります。

差し歯にできるのは、まだ歯の根に土台を入れられる・歯として使える状態で残っていることが条件で、歯を抜かなくてはならない状態である場合や、そもそも歯が無い状態では差し歯にはできない状態だといえます。

インプラントの構造
▲あごの骨に埋め入れられたインプラント

インプラントについて

インプラント治療は、歯が無い場所にインプラント体(チタン製のネジのようなもの)を歯の根の代わりに入れる治療です。顎の骨にインプラント体を埋め込み、それを人工の歯の根としてその上に補てつ物(人工の歯)をはめ込む治療です。
インプラント体を歯の骨に埋め込む工程・補てつ物をはめ込む工程、材料費ともに自費診療でありますので、比較的金銭面での負担が高くなる治療法といえます。
ただし、他の歯に負担をかけることなく治療できる・見た目がより天然の歯に近い・使い心地などの長所があげられます。

他にも歯が無くなってしまった場合の治療としては、ブリッジ治療や入れ歯治療もあります。
これらはほとんどのケースで保険が適用されますので、金銭面での負担が減りますが、ご自身のお口に残っている他の歯に負担をかけなくてはならない・見た目が天然の歯とは異なる・使い心地が比較的良くない、などの短所があります。
インプラント・ブリッジ・入れ歯、とそれぞれの長所を生かして組み合わせて治療していくこともできますので、歯を失ってしまった場合、まずは担当のドクターやセカンドオピニオンに相談して治療なさると良いでしょう。


タグ:
治療法比較差し歯

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材