インプラントと他の治療法、どちらが良いか

特にインプラント治療をお勧めしたいケース

インプラント治療は、歯茎の中に人体と相性の良い金属・チタンでできた人工の歯根(歯の下部、骨の中に入っている部分)を埋め込んで人工の歯を作る画期的な治療方法ではありますが、必ずしも最良の選択では無い場合もあります。例えば、歯を一本失った場合、もし両隣の歯がすでに神経をとるなどして被せ物をしているような歯であれば、ブリッジ治療という選択もありえます。
ここでは、ブリッジや入れ歯などと比べてインプラント治療を選択したほうが良い効果が期待できるであろうとされているケースについてご紹介致します。
CASE1 事故や怪我などで、歯を1本から数本失った場合

交通事故やスポーツで、歯を失う怪我をしたような場合、歯の周りの骨が比較的良い状態で残っていることが多いといわれています。インプラントを埋め込むための骨の量を十分に確保できる場合が多いため、インプラント治療に適しています。
特に若い方の場合、周りの健康な歯を削ってまでブリッジ治療を行うことが良い方法とは言えません。
インプラント治療であれば、他の歯を削ることなく失った歯を補うことができます。

CASE2 歯を1本失い、失った歯の両隣の歯が健康といえる天然の歯である場合

歯を1本失った場合、ブリッジ治療を考える方が多いと思います。しかし、ブリッジ治療は両隣の歯を削らなければなりません。失った歯の両隣の歯が健康な歯であった場合、わざわざ削って土台とし、その歯に負担をかけるのは良い選択とは言えません。
インプラント治療であれば、両隣の歯を削ることなく治療をしていけます。

CASE3 奥歯が失われている場合

歯周病などで奥歯が抜けてしまい、それが引き金となって噛み合わせが悪くなり、次々に他の奥歯がグラついてきて噛めなくなることがあります。歯の数が少なくなるに比例して、残った歯にかかる負担(噛む力)が大きくなり、結果として残っていた歯も失う可能性がでてきてしまいます。
奥歯の場合、部分入れ歯を考える方が多いと思います。しかし、部分入れ歯は前の歯に過度な負担をかけてしまい、かえって残っている前の歯まで失うきっかけとなってしまうケースもあるのです。
失った歯をインプラント治療で回復させる場合、人工の歯が負担を受け止めるため、他の歯に負担をかけることはありません。

CASE4 総入れ歯が合わない・不満がある場合

総入れ歯が合わずに痛む・噛みづらい・取り外している姿を見られたくない、など様々なお悩みを抱えていらっしゃる方は多いと思います。
全ての歯の分をインプラントで補うという方法もありますが、総入れ歯の方の場合は治療期間の長さや費用の面などを考えると、難しいケースが多いと思います。そうした場合、数本のインプラントを埋め込み、専用の入れ歯を顎の骨に固定させるという方法もあります(※)。この方法ならば、入れ歯が固定されるため、入れ歯がずれて痛む・噛みにくい、などのお悩みはかなりの部分で解消できると思われます。

※治療結果には、患者様によって個人差があります。

タグ:
治療法比較

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材