インプラント治療は可能? ― 部分入れ歯を使用中の場合

部分入れ歯を使用していた場合のお口の状態

部分入れ歯
▲部分入れ歯

部分入れ歯は、部分的に歯を失った場合の治療法の一つで、残っている歯にバネなどをかけて入れ歯を安定させます。そのため、ブリッジインプラントと比べると噛む力が小さく、また、バネをかける歯へ大きく負担がかかることや、顎の骨がやせてしまう(吸収する)ことなどの問題があります。

現在、部分入れ歯をお使いの方は、そのほとんどがインプラント治療を受けることができるでしょう。しかし、インプラント治療は、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め入れる外科手術を行いますので、健康状態に問題のある方は、治療が難しいこともあります。なお、部分入れ歯を使用していると骨が痩せて(吸収して)しまうことが多く、インプラントを埋め入れるスペースが足りない場合は、骨を増やす手術が必要です。

骨を増やす手術について

骨を増やす手術は、術後に腫れや痛みが伴う可能性がありますが、歯茎のラインやボリュームなどの見た目を回復し、しっかりとインプラントを支える骨を作って、ブラッシングしやすい環境を作ることができます。骨を増やす手術は、下記の方法があります。

■上顎の奥歯の骨が痩せている場合

上顎の骨が薄い状態
▲上顎の骨が薄い状態
サイナスリフトソケットリフト
上顎の奥歯の場合、その上に存在する骨の空洞「上顎洞」との距離が近くなり、インプラントを埋めることができないことがあります。このような場合には、上顎洞の底の粘膜を押し上げて骨を移植する手術を行います。広範囲で骨が痩せている場合は「サイナスリフト」、局所的に薄い場合は「ソケットリフト」を行います。

■顎の骨の幅だけが痩せている場合
顎の骨の幅が薄い状態
▲顎の骨の幅が薄い状態
スプリットクレスト
顎の骨にインプラントを埋め入れる高さはあるが、先端(骨頂)の幅が痩せている場合に、その部分の骨を二分割して幅を広げる「スプリットクレスト」行います。
■その他、顎の骨が痩せている場合

ブロック骨移植
▲ブロック骨移植
上記以外にも、患者様の状態によって、下記のような骨を増やす手術を行います。
⇒骨移植
骨を作りたい部分に粉末状の患者様自身の骨や人工骨を移植する方法
GBR
骨移植と同じく患者様自身の骨や人工骨を移植し、特殊な膜で覆うことで骨の再生を誘導する方法
ボーングラフトベニアグラフトブロック骨移植
下顎付近の骨をブロックで削りだし、移植したい部分にネジでブロック骨を固定する方法

骨を増やす手術が必要と診断を受けた方へ

もし、外科手術の回数や費用を抑えたいとお考えの場合は、必ず担当の歯科医師に相談してみましょう。最小限の負担で治療を進めた場合、見た目や機能にどのような問題が考えられるかを聞いて、メリット・デメリットを把握し、納得した上で治療方法を進めましょう。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材