インプラントとは?

インプラントとは、ネジのような外見のチタン製の人工歯根を歯を失ったあごの骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けることで、歯としての機能を取り戻す治療法です。

インプラントの構造

インプラントは以下の3つの部品で構成されています。


■人工歯根(フィクスチャー) +■連結部分(アバットメント) +■人工歯(上部構造)

インプラントの構造

インプラント治療は、まず人工歯根をあごの骨に埋め込むために外科手術を行います。


人工の歯根をあごの骨に埋め込んだ後は、それが骨と結合するまで3から6ヵ月ほど待ちます。骨との結合が確認できたら、インプラントに人工の歯を取り付けます。


インプラントの特長

インプラント治療は、健康保険が適用されない自由診療です。費用は1本30万円から40万円ほどが相場とされています。
インプラント治療の特長は、保険が適用されるブリッジ治療のように「健康な歯を削る必要がない」ことと、入れ歯のようなガタつきもなく、「自分の歯と同じように噛むことができる」ことです。
きちんとした手入れと定期的なメインテナンスを続ければ、その治療効果は半永久的に持続します。
高額な治療費を払って受ける治療ですので、ご自分にとって必要なのはどのような治療なのかをお考えになり、じっくりとご検討されることをおすすめいたします。
制作:インプラント ネット



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材